現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > メルセデスAMG GLC 43 4MATIC、大幅にパフォーマンスを高めてデビュー

ここから本文です
ニューモデル 2019.7.23

メルセデスAMG GLC 43 4MATIC、大幅にパフォーマンスを高めてデビュー

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Mercedes-AMG GLC 43 4MATIC

メルセデスAMG GLC 43 4MATIC

    メルセデスAMG GLC 43 4MATIC、大幅にパフォーマンスを高めてデビュー

390hpを発揮する3.0リッターV6ツインターボを搭載

メルセデスAMGは、GLCクラスのハイパフォーマンス仕様「GLC 43 4MATIC」を、SUVモデルとクーペモデルに設定した。ベースモデルの居住性や快適性を確保しながら、最高出力390hpを発揮する3.0リッターV型6気筒ツインターボを搭載し、スポーツモデルに匹敵する運動性能を手にしている。

メルセデスAMG GmbHの最高経営責任者を務めるトビアス・ムアースは「GLC 43 4MATIC」について以下のように説明した。

「今回発表した『GLC 43 4MATIC』SUVとクーペには、AMGモデルの特徴である力強いラジエーターグリルを与えSUVファミリーに加えました。優れたパフォーマンス、革新的なMBUXインフォテインメントシステム、日常的な使い勝手の良さ、そして卓越したドライビングダイナミクスを備えています」

AMGモデルらしいマッシブなエクステリア

エクステリアは、マッシブなクロムメッキ仕上げのAMGラジエーターグリル、新デザインのLEDハイパフォーマンスヘッドランプ、マットブラック仕上げのフィンを装備したエアインテークなどがスポーティさを強調。アクセントが付けられたサイドシルパネルは、SUVながらも低くワイドに見せる視覚効果を持たせている。AMG製軽量アルミホイールは19インチを標準装備。19~21インチまで5種類の異なるデザインがオプションで用意された。

フロント同様に新デザインが与えられたLEDテールライト、ツインテールパイプフィニッシャーを備えたディフューザー処理のリヤエンドもAMGモデルの特徴となる。

横方向のホールド性が向上したスポーツシートを採用

インテリアもエクステリアのスポーティな流れを汲んでおり、横方向のホールド性が向上したスポーツシートをフロントに標準装備する。ブラックのアルティコ(ARTICO)レザーにダイナミカレザーが組み合わせられ、特徴的なレッドのステッチが入れられた。また、アルミニウムのトリムを採用しスポーティな印象を助長する。オプションとして、クランベリー/ブラック、マグナグレー/ブラックのレザーインテリアも用意されている。

AMGモデル独自の機能を備えた最新バージョンのMBUX(メルセデス・ベンツ ユーザー エクスペリエンス)を搭載。対話型インフォテインメントシステムのMBUXは「ハイ、メルセデス」と声をかけることで様々な操作を行うことができる。また大幅なパフォーマンスアップを果たしながらも、良好な居住性やラゲッジルームの使い勝手は犠牲にされていない。

コンディションに合わせた5つのドライブプログラム

「GLC 43 4MATIC」は、コクピットから5つのドライブプログラムの操作が可能となっている。スリッパリー(Slippery)/コンフォート(Comfort)/スポーツ(Sport)/スポーツ+(Sport +)/インディビジュアル(Individual)からモードを選ぶことで、エンジンレスポンス、トランスミッション、サスペンション、ステアリングなどの重要なパラメータが変更される。

これらのプログラムはAMGダイナミクス・アジリティ・コントロールにリンクしており、状況に合わせてハンドリングのキャラクターも変わるよう設定されている。

最高速度250km/h・0-100km/h加速は4.9秒を実現

搭載される3.0リッターV型6気筒ツインターボは、ソフトウェアの変更により、ベースモデルから17kW(23hp)パワーアップを果たし、最高出力287kW(390hp)を発揮。最大トルクも520Nmを実現した。

ターボチャージャーは大型化されレスポンスも大幅に向上。0-100km/h加速は4.9秒、最高速度は電子リミッターにより250km/hに制限されている。視覚的には赤くペイントされたアルミ製インサートとAMGのロゴが入れられたエンジンカバーが、AMG製エンジンであることを主張する。

ギヤボックスは9速AMGスピードシフトTCT(トルク・クラッチ・トランスミッション)を搭載し、パワーアップしたエンジンに合わせて再調整された。ステアリングホイールに備えられたシフトパドルでマニュアル操作も可能。ドライブトレインは、路面状況に合わせて前後のトルク配分を変更するAMGパフォーマンス4MATIC全輪駆動システムが組み合わせられる。

状況に合わせて各ホイールの減衰力を自動で調整

足まわりには様々なサスペンションの利点を備えるAMGライドコントロール+を採用。 AMGアダプティブダンピングシステム(ADS PLUS)を搭載したエアサスペンション、エア・ボディ・コントロールをベースとし、状況に合わせて各ホイールの減衰力を自動で調整する。スポーティなドライビングダイナミクスと長距離走行における快適性を両立したと、メルセデスは胸を張る。

また、センターコンソールのスイッチを介して3つの異なるダンパー特性を、コンフォート(Comfort)/スポーツ(Sport)/スポーツ+(Sport +)の中からチョイスすることができる。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(GENROQ Web GENROQweb編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します