現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > アストンマーティン入魂のコンセプトモデル、ラゴンダ・オールテレイン・コンセプトはラグジュアリークロスオーバーSUVのEVだ!【ジュネーブ・ショー2019】

ここから本文です
ニューモデル 2019.3.8

アストンマーティン入魂のコンセプトモデル、ラゴンダ・オールテレイン・コンセプトはラグジュアリークロスオーバーSUVのEVだ!【ジュネーブ・ショー2019】

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アストンマーティンはセカンドセンチュリープランに基づき、7年で毎年1台ずつ登場させ、7モデルの基本モデルをラインナップを構築する計画だが、その第6のモデルとなる予定のラグジュアリーSUV、ラゴンダ・オールテレイン・コンセプトが発表された。

 車名に謳っているようにあくまでコンセプトだが、これは巨大ラグジュアリーなEVである。昨年のジュネーブショーで登場したラグジュアリー・サルーン、ラゴンダ・ヴィジョン・コンセプトと同様に未来的な佇まいだが、車高が高められ、SUV的な要素も取り入れられた。昨年のラゴンダ・ビジョン・コンセプトもまたEVで全固体バッテリーを搭載し、航続距離は640kmに達すると謳っていたが、このラゴンダ・オールテレイン・コンセプトも同様の性能を目標としているだろう。

    バンザイMT! ルノー・メガーヌR.S.カップでサーキットを激走する

 インテリアも外観同様に未来的だ。運転席まわりにはエアベントやスピーカーなどは隠されているという。ディスプレイを内蔵したステアリングも未来的だが、なんといってもスマートキーをセンターコンソールに置く際の演出に注目だ。スマートキーは定位置に置くと電磁石で浮き、あたかも宇宙船に搭乗したかの演出が施されている。
 
 一方でもちろん高級サルーンとして重要な後席の快適性も損なうことはなく、高品質なシート表皮はもちろん、オットマンなどビジネスクラスの装備が施されている。

 生産は2022年からウェールズのセント・アサン新工場で開始される予定だ。元国防省の巨大格納庫で、アストンマーティン第2の工場であり、ラゴンダなど電動化車両が主に生産されるという。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan MotorFan編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します