現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 新型トヨタ・ハイエースがついに正式公開された!

ここから本文です
ニューモデル 2019.2.18

新型トヨタ・ハイエースがついに正式公開された!

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トヨタは2月18日、フィリピンで新型ハイエースを発表。「働くクルマ」として物流のみならず、送迎、観光、乗合バス等「乗客の輸送」を重視した海外向けモデルとなる。

 先週からニュースをお届けしていた新型ハイエースだが、週明けの本日、トヨタから正式なリリースが発表された。ただしこのモデルは国内向けではなく、「海外向けに新シリーズを開発」とリリース冒頭で触れられている。

    アルファロメオ・ステルヴィオ & ジュリアが最新ディーゼルを搭載!〈Alfa Romeo Stelvio & Giulia〉

 セミボンネットのフォルムとなり、「バン」の他に「コミューター」と「ツーリズム」を設定。新型専用プラットフォームの採用とセミボンネット化により、基本性能や快適性を大幅に向上させた。Euro NCAP5★に相当するクラス最高レベルの安全性を備えているという。




 本日のフィリピンでの発売以降、2020年にかけて新興国を中心とした国・地域に順次投入。なお、市場環境が異なる日本においては従来モデルのハイエースを継続していくということだ。

 この海外向けハイエースは「ショート・標準ルーフ」「ロング・ハイルーフ」のふたつのボディタイプを設定。用途に応じて複数の座席および荷室のレイアウトを用意し、乗合バス用途の「コミューター」はクラス最大の乗車人数17名を設定する。また、新たに設定した「ツーリズム」では、快適装備と専用インテリアを採用。



 本日のフィリピンでの発売以降、2020年にかけて新興国を中心とした国・地域に順次投入。なお、市場環境が異なる日本においては従来モデルのハイエースを継続していくということだ。

 海外向け新型ハイエースは「ショート・標準ルーフ」「ロング・ハイルーフ」のふたつのボディタイプを設定。用途に応じて複数の座席および荷室のレイアウトを用意し、乗合バス用途の「コミューター」はクラス最大の乗車人数17名を設定する。また、新たに設定した「ツーリズム」では、快適装備と専用インテリアを採用した。



 ボディサイズは、ショート標準ルーフが全長5265mm、全幅1950mm、全高1990mm、ホイールベース3210mmと、小型車サイズの4ナンバーがメインとなる国内向けハイエースと比べると相当に大きい。そのため、国内向けには現行の1BOXタイプのモデルを継続販売するのだろう。

 そしてロングハイルーフは全長5915mm、全幅1950mm、全高2280mm、ホイールベース3860mmとさらに巨大。メルセデス・ベンツVクラスのロングが全長5150mm、全幅1930mm、全高1880mm、ホイールベース3200mmだから、さらに大きい。



 エンジンは1GD(2.8ℓディーゼル)、7GR(3.5ℓガソリン)を設定。駆動方式についての詳細は触れられていないが、ランドクルーザープラドなどに搭載されるGD系ディーゼルは縦置きしかないため、この新型ハイエースもエンジン縦置きの後輪駆動が基本となると思われる。



  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan MotorFan編集部)

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します