現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > マクラーレン・セナGTR ダウンフォースは1t サスはGT3レーシング用

ここから本文です
ニューモデル 2018.11.3

マクラーレン・セナGTR ダウンフォースは1t サスはGT3レーシング用

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もくじ

ー 2019年9月~納車開始
ー エアバッグ、センタースクリーンはなし
ー アクティブ・エアロダイナミクス搭載

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

2019年9月~納車開始

マクラーレン・セナGTRのテクニカル・スペックが決定した。

2018年3月のジュネーブ・モーターショーで、コンセプトカーとしてデビューしたセナGTR。ロードカータイプの「セナ」を極限までつきつめたモデルだ。75台の限定生産で、税抜き価格は110万ポンド(1.6億円)ながらすでに完売している。

そのセナGTRのテクニカル・スペックが決定し、ダイナミック・テストが今月から始まる。

注目すべき点は、ダウンフォースが1000kgに達することと、マクラーレンGT3プログラムで使用するシステムから開発された、レース用サスペンションを装備すること。

現在、英国のサリー州ウォーキングにあるマクラーレン・プロダクション・センター(MPC)で生産を進めており、ロードカーの「セナ」が生産を終える2019年9月から納車を開始するそうだ。

今月実施されるテストでは、ロードカータイプの「セナ」をもとに製造されたプロトタイプを使用。新たに発表されたデザインスケッチには、セナGTRの最終形状がシンプルに描かれている。実車は、フロントとリアが共に広いトレッドとなり、センター・ロック・ホイールを持つシャシーをベースとしたものになるという。

エアバッグ、センタースクリーンはなし

カーボンファイバー製ボディには、ワイドになったフェンダーや、より大きくなったフロント・スプリッターとリアディフューザー、再配置されたアクティブ・リアウイングが装備される。後者ふたつの要素が、ディフューザーからのエアフローにウイングを「合わせる」ことで、空力効率を向上。低速時により大きく、よりアクセス性の高いダウンフォースを実現するとアナウンスされている。

また、最適化されたエアロダイナミクス・パフォーマンスにより、コーナリングが安定し、さらにピッチングの感度を低く抑えることにより、ブレーキング時の挙動が落ち着いた。

カーボンファイバー製のモノケージは、GTRではさらに進化。

無駄なものをそぎ落としたインテリアには、ロードカーでみられるようなエアバッグや、インフォテインメント・センタースクリーン、折り畳み式のドライバー用ディスプレイは装備しないという。その一方で、ギアシフト・コントロールが組み込まれたレース用の新ステアリングホイールを、公道走行仕様のコンポーネントの代わりに採用。エア・コンディショナーだけはミニマリズムの例外として、レーダーアシストの追突回避システムとともに標準装備されている

アクティブ・エアロダイナミクス搭載

GTRの最終的な車両重量は未発表だが、ロードカータイプの「セナ」より軽量になる予定だという。4.0ℓツインターボチャージャーV8エンジンがもたらす最高出力は825ps、最大トルクは81.6kg-m。「セナ」よりも25ps強化され、パワーウェイトレシオも優に上回った。

公認のレースカーには装着できないアクティブ・エアロダイナミクスを備えた結果、ダウンフォースは1000kgを生み出す。

足まわりは、マクラーレンのGT3カスタマーレーシング・プログラム用システムをもとに開発されたダブル・ウィッシュボーン・サスペンションを装備。レース派生のピレリのレーシング・スリック・タイヤが、3Gを超える重力加速度と最大減速度を20%上昇というブレーキング・パフォーマンスを実現する。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します