現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 新型BMW X6 M、600ps越えに M5の4.4ℓV8搭載 2019年登場

ここから本文です
ニューモデル 2018.10.5

新型BMW X6 M、600ps越えに M5の4.4ℓV8搭載 2019年登場

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もくじ

ー 新型X6、上海モーターショーで登場
ー Mパフォーマンスやディーゼルモデルも
ー X4似のエクステリアデザイン
ー メルセデスからはGLEクーペも

    BMW「M」のラインナップが26車種まで拡大 2019年型M3きっかけ

新型X6、上海モーターショーで登場

新型BMW X6 Mが目撃された。パフォーマンスSUVクーペとしてM5の4.4ℓV8エンジンを搭載し、期待される出力は600ps以上だ。

X6 Mは第3世代X6シリーズのトップに君臨するモデルで、来年4月に開催される上海モーターショーを照準に、開発が進められている。

生産は現行と同じく、米国サウスカロライナ州のスパータンバーグ工場で行われるようで、すでにテストのためプロトタイプの生産が行われている。

今回はX6 Mのほかにも、通常のX6のプロトタイプが目撃されている。

次項でエンジン・ラインナップについて予想する。

Mパフォーマンスやディーゼルモデルも

X6のラインナップはxドライブ30dとxドライブ40dをはじめとして、xドライブ40iや50i、45eといった、よりパワフルなガソリンモデルも登場する。

さらに、追加されるプラグインハイブリッドにも注目だ。

M50dやM50iなどのMパフォーマンスモデルも登場する。これはBMWのサブブランドであるMを活性化させる戦略を背景としている。

ただしM50iは米国向けで、欧州で販売されない可能性もある。M50dは3.0ℓ6気筒クアッドターボディーゼルで、400ps以上を発揮するようだ。

X6は技術的に新型X5と多くを共有しており、エンジンもすべて共有される。X5と同様に、X6はBMWのCLARプラットフォームを採用し、前輪はダブルウィッシュボーン式、後輪は5リンク式サスペンションとなる。

そのほか、エアサスペンションもオプションで用意される。

X4似のエクステリアデザイン

先代のX6と比べ、ルーフラインのクーペ感は減っており、トランクリッドは高い位置にある。

フロントは先に発売されるX5に続き、モノキドニーグリルが採用される。とはいえ全体的には、より小型のX4と似たようなデザインに仕上がっている。

内装はほとんどX5と同じデザインで、最新の7世代iドライブインフォテインメントシステムを採用している。

メルセデスからはGLEクーペも

X5はメルセデス・ベンツGLEと同じく、今週前半に開催されるパリ・モーターショーでお披露目される。

つまり、X6と直接のライバルであるGLEクーペの登場タイミングもかなり近くなるということだ。

GLEクーペにはAMG 53や63も設定され、MチューンのX6モデルと同等のパフォーマンスを持って現れるはずだ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します