現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 『BRABUS125R』デビュー!! 抜群のハンドリングを与えた限定125台

ここから本文です
ニューモデル 2018.8.17

『BRABUS125R』デビュー!! 抜群のハンドリングを与えた限定125台

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スマートカブリオベースのコンプリートは、街なか最強のポケットロケット!

メルセデスチューナーとして名高いドイツのブラバスが手掛けるスマートカブリオベースのコンプリートモデル、『BRABUS 125R』が発表された。日本でもメルセデスベンツ日本により、『スマート・ブラバス』としてforfour/fortwo/fortwo cabrioが正規輸入されているが、『BRABUS 125R』は、名の通り世界限定125台というスペシャルなモデルだ。

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

0.9リッター3気筒ターボエンジンは、吸排気系とECUの変更により最高出力125HP、最大トルク200Nmにまでアップ。ベースとなった”fortwo cabrio”は90HP/135Nmということを考えると、『ブラバス125R』の走りが期待できる。ちなみにスペック的には0-100km/h加速は9.2秒、最高速は175km/h(スピードリミッター)というから、シティコミューターとしてはかなりの俊足ぶりだ。

真っ赤なエアロパーツが目に飛び込んでくるエクステリアは、そのスペックに見合った姿に仕上げられている。ベースモデルより30mm下げられた車高にフロント6J×16インチ、リア7J×17インチの異径ホイール「Monoblock IX」を装着。タイヤは技術パートナーであるヨコハマタイヤの「ブルーアース・エース(F185/50R16:R205/40R17)」を履く。

また、リアボトムにはステンレス製の3本出しエキゾーストが備わり、限定車らしい特別感のある出で立ちとなる。

また、インテリアにもブラバスの技を投入。シートは”BRABUS Mistik leather”と呼ばれる上質なブラックレザーに、レッドのダブルステッチが施されており、125Rのロゴとともにスポーティなイメージを掻き立てているのだ。シフトノブやパドルシフト、サイドブレーキノブ、フットレスト、スカッフプレートなどには”B”のロゴが誇らしげに入っており、コンプリートモデルらしい演出でオーナーごころをくすぐってくれることだろう。

この『BRABUS 125R』は、2006年にブラバスが作り上げたCLS(C219)ベースの最高速スペシャルモデル「BRABUS ROCKET」から続くニックネームを継承。”POCKET ROCKET!”と名付けられた。

抜群のハンドリングを実現した小さなロケット、魅力いっぱいの限定125台のスペシャルスマート。残念なことにメルセデスベンツ日本での購入は不可能とのこと。

BRABUS 125R 特別サイトhttp://www.brabus125r.com

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Auto Messe Web 『af imp編集部』)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します