現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 「ロードローバー」ブランド新設へ(2) そのリスクとは ジャガー・ランドローバー

ここから本文です
ニューモデル 2018.7.30

「ロードローバー」ブランド新設へ(2) そのリスクとは ジャガー・ランドローバー

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もくじ

ー なぜ? 新ブランド立ち上げ
ー JLRの戦略 ロードローバーでリスク分散
ー 積極的な投資を続けるJLR

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

なぜ? 新ブランド立ち上げ

ジャガー・ランドローバー(JLR)が、「ロードローバー」という新ブランド名を商標登録したのは、既報の通り。

しかし、ラグジュアリーEVも含めて扱う「ロードローバー」を立ち上げるのは、不必要なリスクを負うという考えもある。とくに、レンジローバーが持つブランド力を考えればなおさらだろう。

一方で、JLR幹部がレンジローバーのEV展開に難色を示したのには、多くの理由がある。

まず、レンジローバーを名乗る以上、オフロードの走破性を妥協するわけにはいかない。かといって頑丈なバッテリーを備えたフルEVの開発にはかなりの技術的困難が伴う。とくに、パワートレインの防水性は難しい問題だ。

次に、EVではバッテリーの航続距離が切実な問題で、これには空力的な性能が大きく関わってくる。レンジローバー/同スポーツでは前面投影面積が広すぎて抵抗が大きく、EVとしては効率的ではないのだ。おそらくテスラ・モデルXくらいの全高が今の限界だろう。

さらにJLRは、ブランドの明確な長期戦略を持っており、年間販売台数100万台という中期目標の難しさも理解している。ジャガーはFペースの登場で大きく販売を伸ばしている(Eペースもブランドのさらなる躍進につながるだろう)が、ロードカーの販売台数はまだまだ少ない。



JLRの戦略 ロードローバーでリスク分散

JLRの2016/17年の会計年度についての業績発表によれば、ジャガーXE、XF、XJの販売台数は9万4000台。XFスポーツブレークで販売は加速したものの、今後数年間ジャガーのロードカーが高く安定した業績をあげる可能性は低い。

年間販売台数100万台の目標を達成するため、JLR幹部はに新たな戦略をとることに決めたようだ。つまり、今後のJLRはクロスオーバーやSUV市場の開拓を進める一方で、より燃費が良く、伝統的なオフローダーらしさを抑えたプレミアムカーを開発していく。

この戦略にはリスクもある。市場がレンジローバーの3モデルやFペイスのような「チェルシートラクター」、つまり、富裕層が愛用する大きく堂々としたSUVを受け入れなくなる可能性だ。

そこで重要なのがロードローバーブランドの設立である。ラグジュアリーなロードカーでありながらあらゆる路面を走破する、まさに「クロスオーバー」のブランドを立ち上げること。これによってJLRが得るメリットはひとつではない。

60万台あまりという現在の販売台数から、数値の面でも利益の面でも大きく成長するだけではなく、激動する全世界の新車マーケットの動向へのリスクを分散しておく意味もあるのだ。



積極的な投資を続けるJLR

最新の財務報告書で、JLRは今後成長が期待される分野に多くの投資をしていることがわかった。

2017/18年の会計年度では、40億ポンド(5850億円)から43億ポンド(6290億円)を新製品と、スロバキアに建設中の工場に投資する。JLRの年次報告書によれば、これはアルミ製ボディを持つモデルの生産に特化した工場で、まずは新型ディスカバリーの生産を開始するという。

JLRの利益率は、2016/17年第1四半期には12.5%だった。それが、2017/18年第1四半期には7.9%まで落ちたが、総収入は54億ポンド(7900億円)から56億ポンド(8200億円)まで増加し、売り上げも4.7%増加している。

今年4月から6月までの売り上げは、北米で16%、中国で30%増加したものの、英国では14%の低下、それ以外の海外市場でも同じく14%落ち込んだ。

しかし、JLRはうまく力を配分しているように思う。ヴェラールの販売も順調で、Eペースも今年末まで好調だろう。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します