現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 991II型の911をいっぺんに並べて比較してみたら、いろいろわかった【911カレラ4GTS編】

ここから本文です
ニューモデル 2018.7.27

991II型の911をいっぺんに並べて比較してみたら、いろいろわかった【911カレラ4GTS編】

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2駆、4駆だけでなくベーシック、レーシー……様々なラインナップを持つ911。だが、その違いは魅力の大小ではなく、それぞれに固有のキャラクターを与えているのがおもしろいところ。まもなく発表が予想される992型の登場を前に、熟成極まったリヤエンジンスポーツカーはそれぞれどのような特徴を持っているのか、カレラ、カレラGTS、カレラ4GTS、タルガ4GTS、GT3の5台の991II型を集めて比較した。今回は911カレラ4GTS。REPORT◎吉田拓生(YOSHIDA Takuo)PHOTO◎篠原晃一(SHINOHARA Koichi)

911 Carrera 4 GTS GT的な性格だったのが意外

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

 ワイドなGTSボディと4駆システムを組み合わせたカレラ4GTS。991型になってエアロダイナミクス性能が上がり、フロントの接地感が高まっているので、日常使用ではあまりカレラ4のメリットを感じることはないが、今回ウエットのワインディングなどでは明らかなアドバンテージがあった。

 タイトコーナーからの立ち上がりで早めに右足をスロットルに置くときれいにノーズが切れ込んでくれて安定感が増す。ただドライコンディションでは4駆システムによる+50kgが思いのほかキレの良さを削いでいる感じで、結果としてワインディングでハンドリングの妙を楽しむより高速道路でエンジンパワー開放を第一義とするGT的な性格を帯びている。

 オプションで装備されていたPCCB(ポルシェセラミックコンポジットブレーキ)は低温からしっかり効くが初期制動のタッチが唐突なので、流して走るようなシーンでギクシャクしてしまう。これは本気でトバす人のための装備なのである。

※本記事は『GENROQ』2018年7月号の記事を転載したものです。

ポルシェ911カレラ4GTS
■ボディサイズ:全長4528×全幅1852×全高1284mm ホイールベース:2450mm ■車両重量(EU):1590kg ■エンジン:水平対向6気筒DOHCターボ 圧縮比:10:1 総排気量:2981cc 最高出力:331kW(450ps)/6500rpm 最大トルク:550Nm(56.1kgm)/2150~5000rpm ■トランスミッション:7速DCT ■駆動方式:AWD ■サスペンション形式:Fマクファーソン式ストラット Rマルチリンク ■ブレーキ:F&Rベンチレーテッドディスク ■タイヤサイズ(リム幅):F245/35ZR20(9J)R305/30ZR20(12J) ■パフォーマンス 最高速度:308km/h 0→100km/h加速:3.6秒 ■環境性能(EU複合モード) 燃料消費率8.5ℓ/100km CO2排出量:192g/km ■車両本体価格:1880万円

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan GENROQ編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します