現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > マクラーレン 7年間に18車種投入 アロンソのライン取り「再現機能」も

ここから本文です
ニューモデル 2018.7.13

マクラーレン 7年間に18車種投入 アロンソのライン取り「再現機能」も

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もくじ

ー P1後継含む18車種を投入
ー 基幹モデル すべてハイブリッドに
ー 軽量化とハイブリッドに注力 自動運転も

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

P1後継含む 18車種を投入

マクラーレンは、2025年までに18の新モデルを投入するとともに、大半のモデルにハイブリッドのパワートレインを採用していくと発表した。

新車種には、先日発表されたセナや3シーターのBP23に続く、マクラーレンP1の後継車も含まれている。

しかし、マクラーレンは今後のアルティメットシリーズについて、当面は内燃機関のみを搭載する方針を示した。

投入予定の18車種の中には、エントリーレベルのスポーツ・シリーズや中級のスーパー・シリーズのモデルが含まれるほか、生産能力を2025年までに年産6000台まで引き上げるという。昨年、マクラーレンは3400台を販売したが、その生産はすべてウォーキングの工場で行われている。

この計画はグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードで発表された。12億ポンド(1782億円)を投じるトラック25と呼ばれるビジネスプランは、2016年に発表されたトラック22に続くものだ。

基幹モデル すべてハイブリッドに

AUTOCARでは以前2020年に発表される570S後継車にハイブリッドのパワートレインが搭載されると報じた。その後のモデルにもハイブリッドが引き続き使用されるようだ。

昨年720Sが発売されたばかりのスーパー・シリーズは2022年までハイブリッド化は見合わせると考えられる。

現行のマクラーレンはすべてツインターボのV8が搭載されているが、ハイブリッド化する際にはより小排気量のV6ターボが採用される可能性が高い。マクラーレンのマイク・フレウィットCEOは公式に認めてはいないものの、720Sのボディにハイブリッドを搭載した車両のテストを行なっていることを認めた。

ハイブリッドモデルは現行のモノセル2と呼ばれるアーキテクチャーを進化させたプラットフォームが使用される。

フレウィットはAUTOCARに対し、「ハイブリッドの設計は次期型プラットフォームの肝です。今あるシャシーに搭載するのではなく、いちからの開発を行なっています」と明かした。彼は同時に、今後のマクラーレンの基幹モデルのパワートレインはすべてハイブリッドになることも認めた。

軽量化とハイブリッドに注力 自動運転も

発表されたハイブリッド計画と並行して、マクラーレンは「新たなドライビング機能」の開発への投資も行なっているという。フレウィットはマクラーレンに独自の自動運転技術を搭載したいと語った。例えば、サーキットでアロンソのベストラップをなぞる機能が挙げられる。「仮想的に彼の運転を見ることにより、自分の学習につなげるのです」

さらにマクラーレンは「軽量で急速充電が可能なハイパワーバッテリーシステム」を開発中。このシステムにより、30分以上の電気のみでのサーキット走行が可能だという。

さらに、「スーパーカー軽量化競争」でのリードを確実なものとしていく方針を示した。マクラーレンはヨークシャーに5000万ポンド(74億円)を投じたコンポジット・テクノロジー・センターを開設する。この操業が開始されれば、マクラーレンに関わる部品の57%が英国内で生産されることになる。

次世代のマクラーレンのために開発される技術には、より高度なサイバープロテクションやワイヤレスのソフトウエアアップデート・テクノロジーなどが挙げられる。

この成長計画の中で、マクラーレンは世界規模の販売の拡大を目指している。現在世界に86ある販売拠点を2025年までに100まで拡大し、ロシア、インド、中東地域などの市場を開拓する方針だ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します