現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > レッドブル代表、F1ブラジルFP1でクラッシュのアルボン責めず「我々が楽観的だった」

ここから本文です
スポーツ 2019.11.16
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 レッドブルのチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、F1ブラジルGPのFP1でアレクサンダー・アルボンがクラッシュしたことを責めるべきではないと語った。

 アルボンは、ウエットコンディションで開始されたブラジルGPのFP1終盤、インターミディエイトタイヤを履き、セッショントップタイムを記録した。

    【動画】2019年F1第19戦ブラジルGPフリー走行1回目ハイライト

 その後、路面が乾きつつある中でスリックタイヤに履き替えたアルボンだったが、ターン14でコースオフ。そのまま止まりきれずにクラッシュを喫した。(motorsport.com 日本版)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン