現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【MotoGP】時速300キロも100キロと大差なし? 中上貴晶、MotoGPライダーの感覚語る

ここから本文です
スポーツ 2019.11.10

【MotoGP】時速300キロも100キロと大差なし? 中上貴晶、MotoGPライダーの感覚語る

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ホンダのモータースポーツファン感謝イベント“ホンダレーシングサンクスデー2019”がツインリンクもてぎで行われた。負傷によりMotoGP欠場中の中上貴晶(LCRホンダ)もイベントに参加し、スーパーGTのGT300クラスに参戦する道上龍とのトークショーの中で、MotoGPライダーの速度感覚や下着事情に至るまで様々な情報を明かした。

 既に怪我の手術を終えた中上は、右腕を吊った状態でトークショーに登壇。中上の参戦するMotoGPクラスは最高速が350km/hを超えるなど、モンスターマシンをむき出しの身体ひとつで乗りこなすカテゴリーだが、道上はそうしたレースを行うライダーは“頭のネジ”が外れているのではないか……とコメントし、笑いを誘った。

    ■ホンダサンクスデー2019開催。豪華顔ぶれが“カートレース”に興じる

「深く考えたことはないですけど……速ければ速いほど楽しいです」と、中上は道上の疑問に回答した。

 その回答に道上は思わず“やっぱりオカシイじゃないですか”とポロリと感想をこぼし、客席は再び笑いに包まれた。

「ただ600ccのMoto2から1000ccのMotoGPに移った当初は『恐ろしいマシンだ』と感じていました。ただ15分経つとなんて楽しいバイクだろう、“もっとパワーを”、という感じでしたね」

「MotoGPでは350km/hとか出ますけど……僕の感覚的には100km/hくらいなんです」

 トークはライディングからライディングギアの話へ移行。ライダー、ドライバーたちの“勝負下着”はどうなっているのかという疑問にふたりが答えた。

「(ライダースーツの)下にはスパッツを履いてます。ライダーの中には裸の人もいますけど……。僕のチームメイトはそうですし」と、中上は同僚のカル・クラッチローを引き合いに出した。

「(クラッチローも)一応パンツは履いてますよ(笑)。凄く大変なので、なんで平気なんだろうとは思いますね。汗で大変なんですよ」

 一方の4輪ドライバーだが、道上曰くアンダーウェアのみで下着を履かないスタイルのドライバーが存在するとのことだ。

「僕は(勝負下着は)無いです。ただドライバーによっては耐火スーツの下にパンツを履くのが嫌いで、アンダーウェアだけの人もいますね」

 2輪のライダーと4輪ドライバー、多くの異なる点が明らかとなったが、ふたりはレースという共通言語を介して軽快なトークを展開し、スペシャルトークショーは盛況の内に幕を閉じた。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 永安陽介)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します