現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > フェラーリ、F1アメリカGP決勝での”スランプ”原因は「未だ分からず」

ここから本文です
スポーツ 2019.11.7

フェラーリ、F1アメリカGP決勝での”スランプ”原因は「未だ分からず」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 フェラーリは、F1第19戦アメリカGPでメルセデスやレッドブルのペースに対抗できず、表彰台獲得を逃した。しかしながら、フェラーリは苦戦した原因を掴みきれていないようだ。

 アメリカGP予選では、ポールポジションを獲得したバルテリ・ボッタス(メルセデス)に肉薄したフェラーリ勢。特にセバスチャン・ベッテルはわずか0.012秒差で2番手となった。

    【動画】2019年F1第19戦アメリカGP決勝ハイライト

 しかし、フェラーリの2台は決勝レース序盤から苦戦を強いられた。ベッテルはアンダーステアが酷いと訴え、1周目を終えた時点で6番手まで後退。右リヤサスペンションの故障で8周目にレースを終えた。

 一方のシャルル・ルクレールは、タイヤからうまくグリップを引き出すことができず、上位3台に歯が立たない状態。最終的に、優勝したボッタスから52秒もの大差をつけられての4位に終わった。

 夏休み明けの第13戦ベルギーGPから調子を上げたフェラーリだったが、表彰台を逃したアメリカGPで何が間違っていたのかについて、チームもドライバーも明確に理解できていないようだ。

 チーム代表のマッティア・ビノットに、予選から決勝にかけてのパフォーマンス変化について理解しているかと訊くと、彼は「答えはシンプルだ。まだ理解できていない」と話した。

 また、ルクレールも「特に第1スティント(のペース不足)については、説明できないんだ」と語った。

「何が間違っていたのかを分析し、理解する必要がある」

「第2、第3スティントは第1スティントほど悪くはなかった。だから、レース序盤に何が起こったのかを分析する必要があると思う」

「いくつかのコーナーで、クルマのフロント部分に多くの問題を抱えていた。第1スティントを通じて、一貫性がかなり欠けていたんだ。でも正直に言うと、何が間違っていたのか、答えを持っていない。ただ、本当にグリップ不足だったんだ」

 ビノットは、ベッテルが1周目にアンダーステアに苦しんだ理由についても、明確に説明することができないと述べた。

「サスペンションがスタート直後から壊れていたのだとしても、理由は明確ではない。彼はすぐにクルマに何か問題があると感じていたので、サスペンションが壊れていたのかもしれない」

「しかしデータ的にも、最終的にどこが壊れたのかはまだ明らかではないのだ」

 ベッテルは、アメリカGPの決勝で起きた問題はチームの真のパフォーマンスを反映したものではないと考えており、今季残りの2レースで問題が再発することはないと考えている。

「何かが機能していなかったのは明らかだと思う」と、ベッテルは話した。

「明らかに、僕たちはかなり遅れを取っていた。残りの2戦でそれが問題にならないことを願っている。考え方は明確だ。僕たちは勝ちたいんだ」

 ルクレールも「今回のようなことが続く理由はないので、僕たちはプッシュを続けるよ」とコメントした。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Jonathan Noble)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します