現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > MotoGPマレーシアGP:ポールスタートのクアルタラロ「バイクを止められず」1周目で大きく後退

ここから本文です
スポーツ 2019.11.4

MotoGPマレーシアGP:ポールスタートのクアルタラロ「バイクを止められず」1周目で大きく後退

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 MotoGP第18戦マレーシアGPの初日、予選日を席巻したファビオ・クアルタラロ(ペトロナス・ヤマハSRT)は、マレーシアGPで待望の初勝利なるかと目されていた。チャンピオンのマルク・マルケス(レプソル・ホンダ・チーム)は11番グリッド。しかし、クアルタラロは決勝レースで、表彰台争いに絡むことができなかった。

 MotoGPクラスのルーキーにして2019年シーズン5度目のポールポジションを獲得したクアルタラロ。シーズン序盤にはスタートで後退することもあったが、後半に入ってそうしたこともなくなっていた。しかし、マレーシアGPはスタートでフランコ・モルビデリ(ペトロナス・ヤマハSRT)、マーベリック・ビニャーレス(モンスターエナジー・ヤマハMotoGP)、ジャック・ミラー(プラマック・レーシング)などに交わされる。

    MotoGPマレーシアGP:11番手から抜群のスタートを決めたマルケス、前夜に「2015年ムジェロのレースを見た」

 さらにオープニングの前半で5番手から6番手に後退。オープニングラップを8番手で終えると、そこから大きな巻き返しができずに7位でレースを終えた。

 クアルタラロは大きく後退してしまったオープニングラップについて「1周目はひどいものだった。バイクを止められなかったんだ。この週末になかった状態だよ」と振り返っている。

「(これまで)ペースはかなりよかったのに、結果につながらなかった。何が原因だったのかを分析しないといけない」

 クアルタラロとともにマレーシアGPの週末に好調をキープしていたモルビデリは、6位フィニッシュ。こちらも「正しいフィーリングがしっかりと得られなかった。これはちゃんと調べる必要があるね」とコメントしている。

 なお、モルビデリは6位、クアルタラロが7位でフィニッシュしたことで、ペトロナス・ヤマハSRTは、2019年の新規チームにしてインディペンデントチームのチームタイトルを獲得した。

 ふたりが決勝レースで感じたマシンの印象が、同じものだったのかは不明だ。ペトロナス・ヤマハSRTのライダーふたりにとっては上位を席巻した予選日までから一転、課題の残るレースとなったのは確かだが、それだけ存在感が増しているとも言えるだろう。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します