現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F1新コスト制限への違反には厳罰。「タイトルを失う可能性もある」とF1ボス、ロス・ブラウンが警告

ここから本文です
スポーツ 2019.11.1

F1新コスト制限への違反には厳罰。「タイトルを失う可能性もある」とF1ボス、ロス・ブラウンが警告

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 F1のスポーツ担当マネージングディレクターであるロス・ブラウンは、2021年の導入が決まったF1規則におけるコスト制限条項について、これに違反すればタイトルを失う可能性もあり、大きな犠牲を払うことになるだろうと警告した。

 FIA世界モータースポーツ評議会は10月31日、F1に2021年から導入される技術、競技、財政の新規則を承認した。

    F1アメリカGP 木曜会見:フェルスタッペン、発表されたばかりの2021年用の風洞モデルに興味津々

 将来のグランプリレースのルール集を構成する主な要素であり、また競争条件を平等なものにすべくリバティ・メディアが模索してきた要件が、現時点で年間21レースを前提に設定された1億7500万ドル(約188億9000万円)のバジェットキャップ制度だ。

 F1の監査チームは、2021年に正式導入する前の予行演習として、2020年シーズンに一連の規制プロセスを実施することにしている。

 各チームは2020年にはまだ任意の額を使うことが可能だが、2021年からは1億7500万ドルの制限に違反すれば、厳罰を科されることになる。

 ただし、例えばドライバーの年俸やマーケティング費用など、対象から除外される項目があることも明らかにされている。

「新財政規則は、F1における劇的な変化だ」とブラウンは語った。

「我々は過去にもこれを試みてきたが、うまくいかなかった。新財政規則について重要な点は、今回これがFIAレギュレーションの一部になったということだ」

「そのため、規則違反に対する制裁として、その重大性に応じた何らかの競技上の罰則が適用される」

「以前はリソース制限を科していたが、チーム間の紳士協定になっていた。残念ながらパドックにはそれほど紳士が多くないので、失敗に終わった」

「だが今回の規則には強制力がある。財政規則に対して詐欺的に違反を犯した場合、チャンピオンシップを失う。つまり、チームが規則に違反すると重大な結果を招くということだ」

■監査方法に課題も、ブラウンは体制確立に自信
 ブラウンは、コストの削減方法に関連する特定の監査作業については、規則導入までに微調整を加えながら進めることになるだろうと認めた。

「FIAとF1には非常に強力な財務の専門家チームがいる。さらに外部の支援者も探し求めてきた」とブラウンは説明した。

「デロイトはスポーツ財務におけるエキスパート集団のひとつだ。彼らはサッカーの財務に深くかかわっており、そこではプラスの効果も見え始めている」

「今回の新規則は非常に良く考え抜かれた内容だが、どんな規則もそうであるように、この新規則にもさらなる進化は必要となるだろう」

「新規則を適用するにつれて課題が出てくるであろうことは、十分に予想している。しかし、財務状況やF1における費用の消費額の統制は、F1にとって絶対に必要なことだ」

「F1の健全性のために不可欠なのだ。予算は上昇を続けている。F1は、ほとんど自身の成功のための犠牲になったようなものだ。成功がもたらす恩恵の価値があまりにも大きく、投資を正当化し続けてきたからだ」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します