現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ホンダ本橋CE予選後インタビュー:2台のQ3進出はモナコGP以来。「車体とPUの両方が他よりもうまく合わせることができた」/F1メキシコGP

ここから本文です
スポーツ 2019.10.27

ホンダ本橋CE予選後インタビュー:2台のQ3進出はモナコGP以来。「車体とPUの両方が他よりもうまく合わせることができた」/F1メキシコGP

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 フリー走行2回目で総合6、7番手と、初日から速さを発揮したトロロッソ・ホンダ。二日目にはピエール・ガスリーの体調不良というハプニングにも見舞われたが、予選では揃ってトップ10グリッドを獲得した。今週末の健闘の理由とレースの展開予想を、トロロッソを担当するホンダの本橋正充チーフエンジニアが語った。

──モナコGP以来の2台揃ってのQ3進出。今週末は、初日から調子が良かったですね。
本橋正充チーフエンジニア(以下、本橋CE):そうですね。高地でのレースということで、どうしても空力、パワーユニット(PU/エンジン)性能ともに、効率が落ちる。

    体調不良を押して好走を見せたガスリーの集中力。「スイッチが切り替わって、ほとんど気にならなくなる」/F1メキシコGP予選後インタビュー

 そこを車体とパワーユニット両方が、他よりもうまく合わせて、パフォーマンスを発揮できたんだと思います。

──レッドブルと比べると、トロロッソの車体の方が冷却は厳しい。その辺の苦労もなかったですか?
本橋CE:空力ロスとパワーロスを、高いレベルでうまく最小限にすることができた。そこは車体屋さんの努力を、大いに評価したいですね。

 われわれが冷却不足や熱害に苦しむことも、まったくありませんでした。空力もおそらくそんなに数値は悪くなってないはずで、かなり戦闘力のあるパッケージに仕上がったと思います。

──ガスリーは初日に、ドライバビリティの問題を訴えてました。それでソフトタイヤでの予選シミュレーションが思ったようにできなかったわけですが、その問題も解決しましたか?
本橋CE:ええ。初日中におおかた解決して、予選直前に微調整を施して、予選本番ではまったく訴えはありませんでした。
──ガスリーは二日目になって、体調不良を訴えていました。
本橋CE:ええ。それでもFP3の15分前に出てきて、すぐにいいペースで走ってくれた。傍目にも調子は決してよさそうではなかったんですが、ヘルメットをかぶると目つきが変わりました。凄いですね、ドライバーの集中力は。

 体調不良だからといって、何か操作がおかしいとか、そんなこともいっさいない。技術的なフィードバックも、きちんとしてくれました。

──Q2では最初、ミディアムタイヤでアタックに出て行きました。結果的にソフトでの再アタックになりましたが、ミディアムを試すだけの速さが今週末はあったということですね。
本橋CE:そう思います。残念だったのは午後だいぶ晴れて、路面温度が10℃前後上がった。あれでミディアムとソフトのラップタイム差が、予想より大きくなってしまいました。それで結果的に、ソフトに履き替えることになりました。

──もし初日のような涼しいコンディションだったら、もしかしたらミディアムでQ3進出ができていた?
本橋CE:可能性はありましたね。ここはレースでのタイヤもきついし、狙ったんですけどね。ただ状況が変わったことに、チームがすぐに対応できた。Q3に進めたのは、そのおかげだと思いますね。

 現場スタッフとドライバーの意思の疎通が、うまく行っていました。明日はさらに暑くなることが予想されます。戦略がいっそう重要になるでしょうし、きちんと準備して、確実にポイントを取って行きたいですね。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します