現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > TCRジャパンシリーズ第5戦:初年度がついにフィナーレ。ホーソンと松本がチャンピオン獲得

ここから本文です
スポーツ 2019.10.26

TCRジャパンシリーズ第5戦:初年度がついにフィナーレ。ホーソンと松本がチャンピオン獲得

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 TCRジャパンシリーズ第5ラウンドのサタデーシリーズ、サンデーシリーズは10月25日に公式予選が、10月26日に決勝が行われ、サタデーシリーズは金丸ユウ(ホンダ・シビック・タイプR TCR)が優勝。2位のマシュー・ホーソン(ホンダ・シビック・タイプR TCR)がチャンピオンを獲得した。サンデーシリーズは、ホーソンが優勝。松本武士(フォルクスワーゲン・ゴルフGTI TCR)がチャンピオンを獲得している。

 2019年から始まったTCRジャパンシリーズもいよいよこの鈴鹿ラウンドが最終戦。今回は全日本スーパーフォーミュラ選手権、そしてWTCR世界ツーリングカーカップとの併催レースということもあり、10月25日(金)にサタデーシリーズ/サンデーシリーズの予選を、そして10月26日に両シリーズのレースを行うスケジュールとなった。

    WTCR鈴鹿:グエリエリがシビックに地元優勝をもたらす。日本勢は悔しいレースに

 10月25日に当初予定から35分遅れてスタートしたTCRジャパンシリーズの予選1回目では、直前まで強い雨が降っていたものの、予選1回目開始直前から雨は小康状態に。そんななか、金丸が2分28秒418でトップタイムに。ホーソン、松本と続いた。

 続くレース2の予選では、雨は止み陽が差しはじめたものの、やはりコースはウエット。そんななか、Mototino(アルファロメオ・ジュリエッタTCR)がストップしたため赤旗が出たが、その後再開されると松本が2分29秒296でトップタイムをマーク。ホーソン、チェッカー間際にタイムを上げた金丸と続いた。

サタデーシリーズは激しいバトルを金丸が制す
 明けて10月26日は、サタデーシリーズと、サンデーシリーズのレースが行われた。曇り空のもと11時30分にフォーメーションラップがスタートしたサタデーシリーズ決勝では、スタートで2番手スタートのホーソンがポールポジションスタートの金丸に並びかけるも、金丸が首位を死守。一方ホーソンには松本が並ぶが、前嶋秀司(アルファロメオ・ジュリエッタTCR)が逆に松本とバトルを展開した。

 一方、抜群のスタートを決め、オープニングラップから素晴らしい追い上げをみせたのは、予選で「失敗してしまった」という密山祥吾(フォルクスワーゲン・ゴルフGTI TCR)。前嶋をかわし4番手に上がった。

 上位陣は序盤から僅差の争いが続いていたが、3周目の130Rで、植田正幸(アウディRS3 LMS)がコースオフ。グラベルにストップしてしまったため、セーフティカー導入となった。7周目にレースはリスタートとなるが、8周目にはホーソンが金丸に接近した。

 9周目、1コーナーでホーソンは金丸に仕掛け、S字進入で並びかけるものの、逆にS字~逆バンクで松本に並びかけられ、さらに密山もホーソンに仕掛けていく。そのラップのデグナーでは、ホーソンと密山、松本、さらに前嶋、HIROBON(フォルクスワーゲン・ゴルフGTI TCR)らが一団となってのバトルとなった。しかしこの競り合いのなかで、密山と松本はもつれあうようにコースオフ。順位を落としてしまった。

 このバトルを後目に、トップを走る金丸は10周を走りきりトップチェッカー。2位はホーソン、3位に前嶋、4位にHIROBON、5位に塩谷烈州という順位となった。前嶋がジェントルマンクラス優勝となっている。

 サタデーシリーズはこれでチャンピオン争いが決し、2位のホーソンが2019年サタデーシリーズの初代チャンピオンに輝いた。ジェントルマンクラスは、安定してポイントを重ね続け、このレースをクラス4位でフィニッシュしたYUKU TANIGUCHI(ホンダ・シビック・タイプR TCR)がチャンピオンを獲得。KCMGは両クラスでドライバーチャンピオンを獲得した。

■サンデーシリーズは終盤にまさかのドラマが
 WTCRのレース1を終え、16時20分にフォーメーションラップがスタートしたサンデーシリーズの決勝。ホールショットを決めたのは3番手スタートの金丸で、2番手にはホーソンが、ポールポジションの松本は3番手につけた。4番手は1周目、HIROBONと前嶋が争い、その背後では密山とYUKE TANIGUCHIが競り合った。

 しかし1周目のスプーンで、密山とYUKE TANIGUCHIが接触。YUKE TANIGUCHIが横を向いてしまったところに、YOSHIKI(アウディRS3 LMS)がTボーンクラッシュ。2台はコース上にストップしてしまい、セーフティカーが導入されることになった。

 レースは4周目にリスタートが切られるが、3番手の松本に前嶋が仕掛け、2コーナー立ち上がりでオーバーテイクをみせる。しかし、そのリスタート時の後方では、佐藤潤(フォルクスワーゲン・ゴルフGTI TCR)が130Rでグラベルに。またもセーフティカーが導入されてしまった。

 セーフティカーは6周目に退去するが、この時点で残り時間は3分。リスタートで3番手の前嶋がホーソンをオーバーテイクし、さらに金丸に仕掛けるが、S字でまさかの接触。トップを守っていた金丸はスピンを喫し、タイヤバリアにクラッシュしてしまった。

 これでトップには前嶋が浮上することになったが、金丸との接触に対し40秒加算のペナルティが課された。前嶋はトップでチェッカーを受けたものの、結果は11位に。ホーソンが優勝、2位には松本が、3位にはHIROBONが入った。ジェントルマンクラス優勝はHIROBONとなっている。

 タイトル争いは、レース前は前嶋が首位、金丸が2位という状態だったが、2台が接触と無得点という結果となり、2位に入った松本が逆転でチャンピオンを獲得。前嶋はジェントルマンクラスのタイトルを獲得した。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します