現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 豊田章男社長「“人が主役”の未来をつくる」。トヨタ、移動やサービスを提供するモビリティを出展/東京モーターショー2019

ここから本文です
スポーツ 2019.10.23

豊田章男社長「“人が主役”の未来をつくる」。トヨタ、移動やサービスを提供するモビリティを出展/東京モーターショー2019

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 トヨタは10月23日、東京・お台場エリアで開幕した『第46回東京モーターショー2019』のブースでプレスカンファレンスを開き、自動運転のEVモビリティ『e-Palette』や、自分だけのレーシングスーツをつくれるバーチャルフィッティング体験『e-RACER』などを披露した。

 カンファレンスに登壇した豊田章男社長は、「今回のトヨタブースは、“人を中心とした未来のモビリティ社会を体験できるように”がコンセプトです。“Fun to Drive”を実現する未来の『愛車』と、お客様それぞれのニーズにきめ細やかにお応えする多様な『モビリティ』が共存する“人が主役”の未来を提案しています」と語った。

    スバル、新型レヴォーグのプロトタイプを世界初公開。市販モデルの発売は2020年後半を予定/東京モーターショー2019

 東京モーターショー2019のトヨタブースには、小型のバスのような『e-Palette』やレーシングカーを思わせる外観の『e-RACER』をはじめ、ヒューマノイドロボット『T-HR3』、小型の配達ロボット『TOYOTA Micro Palette』といった未来のモビリティ社会をイメージさせる出品物が展示されており、次世代MIRAIコンセプトなど市販予定の車両は、MEGA WEBなど別会場に展示されるている。

 豊田社長は「e-Paletteは2020年のオリンピック、パラリンピックの時期に登場する予定です」と語り、「ゆくゆくはe-Paletteがオフィスになったり、お店になったり、ホテルになったり、さまざまなサービスになって皆さんのもとに移動していきます」と展望を述べた。

「e-Paletteのような、みんなで共有するモビリティが馬車なら、e-RACERのような個人で所有するモビリティは愛馬ということになります」

「未来のモビリティ社会は、馬車と愛馬が共存する社会になるのではないでしょうか。そして、人々が愛馬に求めるものは、心を通わせ、一緒に移動する喜びです」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します