現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【MotoGP】日本GPでの”2位敗戦”は今後に活きる? クアルタラロ「マルケスからタイヤを労わる術を学んだ」

ここから本文です
スポーツ 2019.10.20
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ペトロナス・ヤマハのファビオ・クアルタラロは、MotoGPの日本GPを3番グリッドからスタートした。しかし抜群の蹴り出しを見せ、一気に首位に浮上することになった。しかしレプソル・ホンダのマルク・マルケスがすぐにこれをオーバーテイク……クアルタラロは首位の座を譲り渡すことになった。

 クアルタラロは必死に追いすがったが、最終的にはマルケスが一枚上手。レース終盤には徐々に引き離されてしまうこととなった。

    ■ドヴィツィオーゾ、終盤にリスク覚悟の激走「”愚か”なほどブレーキングで攻めた」

 とはいえ、クアルタラロは後続と4秒ほどのギャップを築いており、楽に2位を確保するものと思われた。しかしレース終盤にはソフトタイヤのグリップが低下。(motorsport.com 日本版)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン