現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ワイルドカード参戦の厳しい現実。MotoGP日本GP初日を終え長谷川聖、山中琉聖が突き当たる壁

ここから本文です
スポーツ 2019.10.18

ワイルドカード参戦の厳しい現実。MotoGP日本GP初日を終え長谷川聖、山中琉聖が突き当たる壁

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 10月18日に栃木県のツインリンクもてぎで開幕したMotoGP第16戦日本GP。この大会のMoto3クラスには、長谷川聖(Team Anija Club Y’s)と山中琉聖(Estrella Galicia 0,0)の日本人ライダーふたりがワイルドカード参戦している。そんなふたりに初日の走りと現状を聞いた。

■基準タイム満たせずも「驚くほど絶望はしてない」と長谷川
 全日本ロードレース選手権J-GP3クラスを戦い第7戦オートポリスでチャンピオンを獲得した長谷川。日本GPは全日本チャンピオンとして臨んでいるが、かなり苦戦している状況だ。

    「レースをすべきか悩んでいる」手負いの中上、怪我の悪化に浮かべる苦渋の表情/MotoGP第16戦日本GP

 長谷川はフリー走行1回目(FP1)で7周しかできていなかった。これはFP1のクラス最小のラップ数だった。そして、フリー走行2回目(FP2)ではトラブルが発生し、マシンを止める場面もあった。タイムはFP1が2分6秒840、FP2が2分5秒159で、初日総合トップとは8秒417差と大きく離されている。

 FP1からFP2の流れで1.5秒以上のタイムアップは果たしているが、長谷川が記録したタイムは107%ルール(基準タイム)を両セッション満たせていない。初日を終えた長谷川に今の状況を聞いた。

「ECUのセッティングがうまくいっていなくてマシンを普通の状態に持ってこれていない状況です。周回できていないかったのはそれが理由です」と長谷川。今大会では、ECUをMoto3で全車共通のデロルト製に変更する必要があり、そのECUとマシンの合わせこみに時間を要しているようだ。

 FP2では11周を周回するも、途中コース上でマシンを止める場面も見られた。マシンを止めた理由はハード面でのトラブルによるものだった。

「ECUの合わせこみを行っている最中でも、チェンジロッドが折れてしまうという別のトラブルも発生してしまいました。そのパーツは全日本で使っていたものではなく、今回に向けて持ってきたものでした。事前にテストもできていないので、準備が全然できていない状態です」

 初日を終え、かなり厳しい状況に立たされている長谷川だが、走っている中で希望も見えたという。

「驚くほど絶望はしていません。むしろ、希望を感じることができました。はたから見たらトップと8秒差ありますが、コーナースピードは想像していたよりも離されていないと感じました」

「もちろん、周りはすごいところのほうが多いですが、マシンが普通に走ってくれればコーナーで何とかできるかなと思っています。まだ、マシンを普通の状態に持ってこれていないので、何とも言えません」

「予選が規定タイム外だとまずいので、まずは規定タイムに入れたいです。(予選日は雨予報があり)雨の方が、差も大きくならないと思います。マシンが普通に走ってくれれば、あとは僕がコースで何とかするだけです」

■NSF250RWの型落ちでトップに接近する山中
 日本GPのワイルドカード参戦で、2019年シーズン4度目のMoto3出場を果たす山中。FP1では1分58秒583で19番手、FP2は1分57秒543で21番手と好成績ではないがトップから約0.8秒差におさめている。

「フィーリング的には、タイムを出せているので悪くはないのですが、FP2でタイムがすごく接近したので、順位的にみたら21番手で納得していません。ですが、トップから0.8秒差のところに入れているので接近はできているので、自分のライディングに集中していきます」と山中。

 山中が現在参戦しているCEVレプソルインターナショナル選手権では、Estrella Galicia 0,0のジュニアチームから参戦。出場にあたってのサポートはあるようだが、マシンはレギュラーライダーとイコールではない。

「フル参戦するライダーは2019年モデル、自分は去年型の2018年モデルでアベレージタイムも違いますが、それを変えることはできません。型落ちのバイクで厳しいところはありますが、それをどう改善していくかが重要です。コーナーで頑張れば、少しずつ良くなると感じているので、自分がダメな場所を攻略していきたいです」

 予選日は雨の予報だが、山中は以下のように日本GPの意気込みを語る。

「明日は雨が降るかもしれないので、予選はどうなるかわかりませんが、ウエットコンディションだったらチャンスだと思い、張り切っていきたいです」

「自分がどうにかして、上位に食らいついていければと考えています。成績は求めたいですが、厳しい面もあります。もちろんできる限り上に行くことも目標にしていますし、CEVの最終戦バレンシアや2020年の日本GPもてぎのためにデータを残し、レースウイークにも慣れ、成長できればと思います。速いライダーと走ることで刺激を貰いますし、どこが自分に足りないのかもわかるので、勉強していきたいです」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します