現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【MotoGPコラム】マルケスを王者にした“非現実的な感触”。関係者が明かす唯一無二のライディング技術

ここから本文です
スポーツ 2019.10.18

【MotoGPコラム】マルケスを王者にした“非現実的な感触”。関係者が明かす唯一無二のライディング技術

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 イギリス在住のフリーライター、マット・オクスリーのMotoGPコラムをお届け。第15戦タイGPでタイトルを手にしたレプソル・ホンダ・チームのマルク・マルケス。そのマルケスが持つ唯一無二のライディング技術がMotoGPクラスにデビューして以降の7年間で6度の王者に輝いた要因だとオクスリーは分析してきた。そのライディング技術をMotoGP関係者に聞いていく。

ーーーーーーーーーー

    MotoGP日本GP開幕前にホンダが世界選手権参戦60周年記念トークショー開催。3人のホンダレジェンドライダーも登場

 マルク・マルケスは、他に誰もできないことをすることで、半世紀前のジャコモ・アゴスチーニ以来、誰よりも高いタイトル獲得率を達成している。

 お気に入りの道のカーブを少し速いスピードで曲がってしまい、息を止めてハンドルバーを握る手を緩め、すべての罪への許しを求めるあの感じが分かるだろうか。そしてうまくカーブを抜けたものの、心拍数が急上昇し、胃がひっくり返るあの感じが。恐ろしいが高揚する感じ……。それがバイクに乗るということのすべてだ。

 私はマルク・マルケスが毎回コーナーを攻めるたびに、そう感じているのではないかと想像する。フロントタイヤはのたうち、アスファルトに黒い跡をつける。ハンドルバーはコーナーに差し掛かるにつれ何度か傾けられ、肘は転倒防止のために使われる。そして高く、高く、彼方へと向かう。全開のスロットルにエキゾーストの爆音、ホイールスピンの振動、そしてマルケスは走り去る。

 このようにコーナーへ進入できるのは、MotoGPクラス6度の王者マルケスだけだ。どうしてだろうか? ライバルファクトリーチームの匿名エンジニアが、私に次のように語った。

「バイクレースで切実に求められていることは、フロントエンドのスライドをセーブできるデバイスを常に見つけ出すことだ。今ホンダはそれを手に入れた。それはマルク・マルケスと呼ばれている」

 それほどに単純なことだ。まあ、大筋ではそうだ。他の誰もできないことでマルケスができることのひとつは、絶えずバイクの性能を覆すことだ。具体的にはフロントタイヤのトラクションの限界を超えさせるのだ。

 これはマルケスに最大のアドバンテージを与える独自のスキルだ。このことは、MotoGPでコース上のライダー全員を監視し、ピットですべてのデータを分析しているタイヤとサスペンションのトップクラスの専門家たちが認めている。

「私は、マルクのようなやり方でフロントをコントロールしているライダーは他にいないと思う」とミシュランのMotoGP部門責任者を務めるピエロ・タラマッソは語る。

一方、オーリンズのレースエンジニア、トーマス・アラタロは「マルクのライディングスタイルは唯一無二のものだ。他に誰もあれほど長くフロントをスライドさせて走行できない」と付け加える。

「マルクはコーナー進入時とトレイルブレーキング(ステアリングを切りながらブレーキングを続けること)を行うエリアにおいて、どれだけブレーキを酷使できるかについて、ある種非現実的な感触を得ている。だから彼はコーナー進入の最終段階でタイムの多くを稼いでいるのだ」

 タラマッソとアラタロがマルケスのクルーではないことを理解してほしい。彼らはすべてのライダーと仕事をしている。だからこのようなことを語ることは、ピットレーンで友人よりも敵を増やすことになる。言い換えれば、彼らは語った通りのことを意味しているのだ。

■マルケスだけができるグリップの確認方法
 マルケスの比類ない能力に畏敬の念を抱いているのはエンジニアだけではない。ライダーというものは、通常ライバルを褒めそやすことはない。しかし、MotoGPのグリッド上の誰もがマルケスの才能を畏怖している。あるファクトリーチームのライバルは、マルケスならアプリリアやKTMのマシンでも表彰台を獲得するだろうと主張している。「そう思わない人たちは、まったく分かっていないんだ」

 もうひとりのライバルは、オフシーズンテストの間にマルケスを追いかけて観察し、非常に驚かされたという。マルケスはレプソル・ホンダ・チームのホンダRC213Vをコーナーに進入させてハンドルバーを意図的に完全にロックさせたのだ。それによりマルケスはアスファルト上でフロントスリックを滑らせることができた。そうしてマルケスは各コーナーのグリップの感触を得ることができた。グリップレベルを超えた時にタイヤがどう反応するかということと、クラッシュを防ぐために肘で何ができるかということについての感触だ。他の誰もこのようなことはできない。

 マルケスはこれで7年間に最高峰クラスのタイトルを6度獲得したことになる。彼の前にこのような獲得率を達成したのはジャコモ・アゴスチーニだ。アゴスチーニは1960年代終盤と1970年代初頭に圧倒的優位にあった。だが当時、アゴスチーニが駆っていた500ccのMVアグスタは、グリッド上で唯一のファクトリーバイクだった。現在ではMotoGPのグリッドは完全にファクトリーバイクで構成されている。ほとんどは最新型で、一部は1年か2年の型落ちだ。

 第14戦アラゴンGPで、誰かが7度のMotoGPクラス王者であるバレンティーノ・ロッシに、マルケスは今が絶頂期なのかと尋ねた。ロッシは、マルケスはまだ若く、これからも向上していくだろうから分からないと答えた。

 マルケスが向上することに疑いの余地はないが、他のどのような仕掛けを彼が学べるかについて想像することは難しい。なぜならマルケスのフロントエンドの魔法は始まりでしかないからだ。

 フロントエンドのスライドをセーブする能力によって、マルケスはライバルたちよりも速くコーナーに進入することができる。そして極めて低いボディポジションをとり、肘で転倒を避けることで、マルケスはさらにコーナースピードを利用し、バンク角を深めてRC213Vを速くコーナリングさせることができる。マルケスは他に誰も耐えられないバンク角で走行できるのだ。

 こうしたコーナー進入とコーナー中盤でのスキルは、マルケスに加速エリアでのアドバンテージも与える。なぜなら時速約3km/h速くコーナーを抜ければ、スロットルを開け始める時にはすでに相手の前に出ているからだ。よってより良いやり方でアクセルを開け、タイヤを労わり、コーナーを速く出られるのだ。

■マルケスは「レイニーのようだ」
 しかし、マルケスがそれを簡単にやっているように見えたとしても、7年間で6回のMotoGPタイトル獲得と53回の優勝は、簡単に成し遂げられたことではない。

「僕がいかに肘をコーナー中盤でずっと使っているか、どのように身体を使い、どのように家で身体の状態を整えているか、想像できないと思うよ」とマルケスは第15戦タイGPのレース後に語った。

 そして成功のすべては容易く達成されたものではない。マルケスは、2013年4月のMotoGPクラスデビュー以来、111回の転倒を喫している。だが今年は他の年とは違った。2018年の同じ時期までに、マルケスは17回転倒している。2019年シーズンはこれまでのところ転倒回数は11回だ。バイクにさらなる馬力が加わり、シャシー性能がマルケスにより合うものになったおかげだ。そのためマルケスはソフト寄りの扱いやすいフロントタイヤを使うことができる時もある。

 2019年はマルケスの考え方も改善されたことは間違いない。マルケスは負けることが許せないものの、時に敗北をやり過ごす必要があることを分かっている。2018年12月に肩の手術を受けたマルケスは、長くレースを続けたいのなら左肩を労わらなければならないことを思い知らされた。

 2018年11月まで肩の状態は非常に悪く、マルケスは自宅でタイトル獲得を祝う賑やかなパーティーで関節を脱臼してしまった。それも朝の4時という時間にだ。

 マルケスの歴史的な成功における他の大きな要素は、彼の勝利への渇望だ。タイGPはどれだけマルケスが敗北を嫌っているかということを証明した。1990年代に常勝していたウエイン・レイニーやマイケル・ドゥーハンのようにだ。

 タイGPの金曜日午前11時には、マルケスは日曜日の決勝レースに出場しないと見られていた。フリー走行1回目でハイサイド転倒したマルケスは、医師たちに地元の病院に連れて行かれた。スキャンとX線検査が行われ、腰部、左足、右臀部にひどい打撲傷を負っていることが分かった。マルケスがレース中も大きな苦痛を感じていたことは間違いない。彼はそのレースで優勝する必要さえなかった。だがマルケスは勝たなければならなかった。“瞬時の満足感”(そのようにドゥーハンは言っていた)のためと、ファビオ・クアルタラロをもう一度抑え込むためだ。

「マルクはレイニーのようだ。勝つためには殺しも辞さないようなね」とオーリンズのレーシングマネージャーを務めるマッツ・ラーションは語った。ラーションは1980年代後半からMotoGPのパドックでサスペンションの専門家として仕事をしている。

「ウエインは負けた時にピットボックスで荒れていた。でも月曜日になると彼は世界で最高の人物になっているんだ。彼は深く集中し、やる気に満ちていた。マルクも同じだね。クラッシュし、起き上がってバイクのところへ走り、再スタートしようとするところを見ていると分かるよ」

 クアルタラロとアレックス・リンスは、フロントタイヤを限界まで使う能力にかけてはマルケスに近いところにいるライダーだ。しかし彼らがマルケスを定期的に打ち負かすようになるには、もう少し向上しなければならないだろう。

 彼らがそうするまで、マルケスをしのぐライダーを目にすることは難しいだろう。マルケスはすでに7年の間に6度MotoGPクラスのタイトルを獲得しているのだ。最高峰クラスの歴史全体のなかで、ふたりのライダーだけがマルケスの前に立っている。それはタイトルを7度獲得したバレンティーノ・ロッシと、8度獲得したアゴスチーニだ。もしマルケスがアゴスチーニに並ぶか、超えるかしたら、彼は史上最高の王者としての資格がある。

 私は間違いなくマルケスのようにバイクに乗るライダーを他に目にしたことがない。レース中に何度も滑らせてフロントのコントロールを失うのだ。これを目にするのは喜びでありスリルだ。なぜならマルケスは常に絶壁の端でダンスをすることが分かっている。なぜならそこが世界でも彼のお気に入りの場所なのだ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します