現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 驚異のレースペースにフェラーリも“白旗”。日本GPで5位入賞のサインツJr.「この結果を誇りに思う」

ここから本文です
スポーツ 2019.10.16
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マクラーレンのカルロス・サインツJr.は、F1日本GPで今季最高リザルトタイとなる5位入賞を果たした。

 7番手スタートのサインツJr.は、マックス・フェルスタッペン(レッドブル)とシャルル・ルクレール(フェラーリ)の接触にも助けられ、序盤に4番手へ浮上した。その後はアレクサンダー・アルボン(レッドブル)に逆転され5番手に下がったが、後方から追い上げてきたルクレールからの追撃は振り切り、見事10ポイントをチームに持ち帰った。

    ■フェルスタッペンとの接触は完全に僕の責任……ルクレール、日本GP1周目を後悔

 ルクレールは終盤、ソフトタイヤで1分33秒台のペースを刻みながらサインツJr.を追った。(motorsport.com 日本版)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン