現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > クビアト「ライコネンの行為は許されない」と接触に怒り:トロロッソ・ホンダ F1シンガポールGP

ここから本文です
スポーツ 2019.9.23
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2019年F1シンガポールGP決勝で、レッドブル・トロロッソ・ホンダのダニール・クビアトは15位だった。

 14番グリッドからミディアムタイヤでスタートしたクビアトは、序盤に12番手を走るが、予想よりも早くタイヤに苦しみ始めて順位を落とし、61周のレースの12周目にハードに交換。36周目にソフトに換え、2回ストップで走った。

    ホンダF1、今季6回目の表彰台&3台入賞「フェラーリは手ごわかった。終盤戦で巻き返したい」と田辺TD:シンガポールGP

 終盤、1コーナーでキミ・ライコネンをオーバーテイクしようとした際に接触が起きた。この接触は審議対象になったが、レーシングインシデントとの判断で、どちらにもペナルティは科されなかった。(AUTOSPORT web)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン