現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ホンダF1田辺TD「シンガポールはレッドブル、トロロッソともに得意なコース。PUのセットアップを整えて戦いに臨みたい」

ここから本文です
スポーツ 2019.9.18
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2019年F1第15戦シンガポールGPに向け、ホンダF1の田辺豊治テクニカルディレクターが、レッドブル・レーシング、スクーデリア・トロロッソともに相性がいいと予想されるコースでのグランプリであり、パワーユニット(PU/エンジン)の準備をしっかり整えて好結果を目指すと語った。

 舞台となるマリーナ・ベイ・ストリート・サーキットはコーナー数が多いタイトなコースで、高温多湿の気候もあり、ドライバーへの身体的負担が非常に大きい。シフト回数が多く、パワーユニットとしてはコーナー立ち上がりでのドライバビリティが重要なポイントとなる。(AUTOSPORT web)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン