現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F1モナコGP初日を圧倒したメルセデス。不安材料は”タイヤの発熱”「ここは予選が重要」

ここから本文です
スポーツ 2019.5.24
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今季開幕から5戦連続で1-2フィニッシュを達成しているメルセデス。前戦スペインGPの低速区間”セクター3”で圧倒的な速さを誇っていたことから、モナコGPにも優勝の最有力候補としてやってきた。

 その勢いのまま、メルセデスはモナコGPの初日に速さを見せた。フリー走行1回目、2回目共にルイス・ハミルトンが首位。特にFP2では、バルテリ・ボッタスが2番手に入り1-2。それだけではなく、3番手セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)に0.7秒もの差をつけた。

    ■ピレリ、今季タイヤへの不満に困惑「チームが苦しむ理由が分からない」

 今回も盤石のように見えるメルセデス。(motorsport.com 日本版)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン