現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > フォルクスワーゲン、電動レーシングカーID.Rをニュルでテスト 目指すはEVニュル最速

ここから本文です
スポーツ 2019.5.20

フォルクスワーゲン、電動レーシングカーID.Rをニュルでテスト 目指すはEVニュル最速

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォルクスワーゲンは、電動レーシングカー「ID.R」をドイツ・ニュルブルクリンク北コースで世界初披露するとともに、同サーキットで最初のテストを実施した。フォルクスワーゲンとして電動レーシングカーをニュルブルクリンクでテストするのは、今回が初。同社は電動レーシングカーの最速ラップタイム獲得を目標に掲げている。

ID.Rは、100%電気を動力源とするピュアEVのレーシングカー。最高出力は680psを誇る。フォルクスワーゲンは、市販車においてもEVを成長戦略の柱のひとつに位置付けており、EVパワートレインによるモータースポーツ活動に注力している。2018年には、米コロラド州で行われたパイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライムで「ID.Rパイクスピーク」がコースレコードを樹立した。

    VWにとってゴルフ並みに重要な電気自動車ID.3は約360万円~で電池容量は3タイプが存在

フォルクスワーゲン・モータースポーツのディレクター、スベン・スミーツは、今回のテスト走行後に次のように述べている。
「ニュルブルクリンクでのテストは、予想した通り、我々に様々な課題を突きつけてきた。事前のシミュレーションでに基づき、今回のテストではシャシーの検証を重点的に行った。エネルギーマネジメントについては、すでに良好な結果が得られている。シャシーテストは、パートナーであるブリヂストンと共に異なるタイヤを試しながら、計画通り進めることができた」

またID.Rを走らせたドライバーのロマン・デュマ氏はこう語った。
「コーナリングスピードは、走り慣れているGTレースカーよりもはるかに速いけど、フィーリングはよかった。このコースはバンプが非常に多いので、フィーリングはとても重要だ。おかげでショックアブソーバーと車高のセッティングに専念することができた」

最初のテストを無事に終えたフォルクスワーゲン・レーシング。なお彼らによれば、タイムアタックは2019年夏に実施予定という。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(carview! 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • tak*****|2019/05/20 07:39

    違反報告

    タイムトライアルやドラッグレース、高速周回路での最高速試験等、短期決戦の分野ではEVが内燃機関の自動車に迫る所まで到達している。長距離の分野はまだまだ及ばないが、これも時間の問題だろう。
  • boo*****|2019/05/20 12:54

    違反報告

    ポルシェ919ハイブリッドEVOのニュルアタックオンボード動画も物理の法則に反するような動きをしてたけど、これも凄いんでしょうね。楽しみです。
  • hin*****|2019/05/20 12:34

    違反報告

    短距離なら--
    既にEVの方が早いよ--。
    ただ
    ル・マン24時間に出ることが無いと思うよ。
    バッテリーを充電させるか交換を認めるか--。
    交換なら何回--認めるか--だな。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します