現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 2003年のWRC世界王者ペター・ソルベルグが世界選手権から引退。レーサーとしての活動は継続

ここから本文です
スポーツ 2019.4.11
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2003年のWRC世界ラリー選手権チャンピオンで、2014~15年にはWorldRX世界ラリークロス選手権でもシリーズチャンピオンに輝いたペター・ソルベルグが、トップカテゴリーからの引退を表明した。

 1974年11月18日生まれのソルベルグは、現在44歳。1992年にラリーデビューを果たすと、2003年にスバルから参戦したWRCでカルロス・サインツ、セバスチャン・ローブ、リチャード・バーンズを抑え、ワールドチャンピオンに輝いた。

    オリバー・ソルベルグ、北米デビュー戦で2位獲得。「父と同じカラーのマシンをドライブできて感動的だった」

 WRCでの活動を終えてからは、自身の“ルーツ”でもあるラリー競技とサーキットレースの要素を兼ね備えたラリークロス競技に転向。(AUTOSPORT web)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン