現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > チーム再編の途上にあるマクラーレンF1「まだ組織は最高の状態ではない」

ここから本文です
スポーツ 2019.3.12

チーム再編の途上にあるマクラーレンF1「まだ組織は最高の状態ではない」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2019年、マクラーレンは改善しているが、まだ“ニルヴァーナ”のレベルには達していないと、マクラーレンのスポーツディレクターを務めるジル・ド・フェランは語っている。

 辞書によると、ニルヴァーナは天国のような完全な平和と幸せにあふれた場所とある。ヒンドゥー教と仏教において、ニルヴァーナは人が到達することのできる最高の状態、悟りの状態であり、人間の持つ個々の欲望や苦しみが消えることを意味している。

    【F1開幕直前インタビュー】ホンダPUに好印象も現実的な目標のフェルスタッペン「表彰台に上がれたら上出来」

「チームをより良く理解しようと努力しているところだ」と2018年7月にマクラーレンに加わったド・フェランは語った。

「チーム内にすでに存在する才能を取り込み、より効率の良い仕事、コミュニケーション改善を行い、ひとつのチームとして一丸となって仕事に取り組んでいる。そうするためには、チームの一部で再編成が必要だった。2018年の半ばに、我々は何人かの人材をチームに加えた。そしていくつかの事柄を再編成した。今後はさらに多くの人材を迎えることになる」

「チームが一丸となってうまく機能しているように感じている。だが我々は“ニルヴァーナ”のレベルに達しているだろうか?答えはノーだ。我々はこの道を歩き続けて多くの点で向上する必要がある」

「私がまさに焦点を置いているのは、チームが話し合いを行いながら適切な方法で組織されることだ。そして私ができる最高のやり方で、チームの文化に影響を及ぼせるように努めている」

 2019年シーズンの開幕にあたり、マクラーレンが次に達成することは何だろうか?

「我々はただ前に歩き続けなければならない。そうして最終的には結果が生まれるだろう」

「チームとしてどの程度うまく機能しているか。モーターレースに関して素晴らしいことのひとつは、どれだけ良い仕事をしているか、2週間ごとに結果が出るということだ。我々が良い方向に向かっているのなら、なんらかの成果が出ているだろう」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します