現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 全日本F3選手権鈴鹿合同テスト:初日は宮田莉朋がトップタイム。フェネストラズが2番手に

ここから本文です
スポーツ 2019.3.5

全日本F3選手権鈴鹿合同テスト:初日は宮田莉朋がトップタイム。フェネストラズが2番手に

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 全日本F3選手権の合同テストが3月5日、鈴鹿サーキットで幕を開け、12時30分からスタートしたセッション1は宮田莉朋(カローラ中京 Kuo TOM'S F317)が1分51秒285でトップタイムをマークした。

 2019年の最初の合同テストとなる鈴鹿での全日本F3テストは、全日本スーパーフォーミュラ選手権の2日目セッション3に続き、晴天の下12時30分にスタートした。今回エントリーしているのは11台で、すでに今季の参戦が決まったサッシャ・フェネストラズ(B-Max Racing with motopark F3)、エナム・アーメド(THREEBOND)などの外国人ドライバーも顔を揃えた。

    3月5~6日開催の全日本F3選手権鈴鹿テストのエントリー発表。11台が参加へ

 大湯都史樹(TODA FIGHTEX)を先頭にコースインし、各車が周回を重ねていくが、上位につけていったのは宮田、そしてサッシャ・フェネストラズ(B-Max Racing with motopark F3)、河野駿佑(RS FINE)。1分52秒台後半から52秒台前半にタイムを縮めていく。

 最終的にこの走行では赤旗が出ないまま2時間の走行を終えることとなったが、トップタイムをマークしたのは1分51秒285をマークした宮田莉朋(カローラ中京 Kuo TOM'S F317)。途中急速に変わる風向きに影響されスピンを喫したものの、クラッシュはなし。

「今のところ2番手とのタイム差もありますが、昨年までを考えたらまだ自分が達成したい目標には届いていませんが、トップで初日を終えられたのは良かったです」と宮田はコメントした。

 2番手につけたのは、終盤に1分51秒720までタイムを上げたフェネストラズ。3番手にはこちらも終盤タイムアップした小高一斗(カローラ中京 Kuo TOM'S F317)がつけた。4番手は昨年のこのテストでシェイクダウンだった河野駿佑(RS FINE)がつけ、5番手はシャルル・ミレッシ(YTB by Carlin)となった。

 全日本F3選手権の合同テストは、3月6日にも行われる予定だ。

全日本F3選手権 鈴鹿合同テストセッション1結果
1 36 宮田莉朋/カローラ中京 Kuo TEAM TOM'S)        1'51.285
2 11 サッシャ・フェネストラズ/B-Max Racing with motopark 1'51.720
3 37 小高一斗/カローラ中京 Kuo TEAM TOM'S         1'52.005
4 35 河野駿佑/RS FINE                   1'52.039
5 7  シャルル・ミレッシ/OIRC team YTB           1'52.067
6 8  片山義章/OIRC team YTB                1'52.406
7 12 エナム・アーメド/THREEBOND RACING          1'52.556
8 2  大湯都史樹/TODA RACING                1'52.591
9 28 山口大陸/TAIROKU RACING               1'53.023
10 13 三浦愛/THREEBOND RACING               1'53.962
11 30 DRAGON/B-Max Racing with motopark          1'54.696

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します