現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > フェラーリF1代表、“フェラーリ優位説”を否定。「メルセデスが遅れを取るとは思わない」

ここから本文です
スポーツ 2019.3.2

フェラーリF1代表、“フェラーリ優位説”を否定。「メルセデスが遅れを取るとは思わない」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 フェラーリF1チームの新代表マッティア・ビノットは、2019年の世界選手権開幕戦に向けて、フェラーリが他のトップチームに対しすでに大きなアドバンテージを有しているという報道を否定した。

 早い時期にチームの目標を立てることを良しとしないビノットは、新マシン『SF90』が他のトップチームよりコンマ5秒早いかもしれないというルイス・ハミルトンらの指摘を一蹴した。

    フェラーリとメルセデスの差はわずか0.003秒。跳ね馬に連日のトラブル、最終日も走行打ち切り/F1テスト2回目デイ4

「ハミルトンが私たちの方が速いと考えているのは嬉しいね」とビノットはバルセロナでのカタルニア・サーキットでのプレシーズンテスト最終日に報道陣に語った。

 フェラーリは先週テストを開始してから、タイムシートのトップを占めている。水曜日にセバスチャン・ベッテルが大クラッシュを喫して走行時間が短くなったにも関わらず、今週の最後の2日間のテストでフェラーリは調子を戻した。

 対照的にメルセデスはフェラーリのペースに及ばない日々が続いていたものの、最終日にはハミルトンがトップタイムのベッテルと遜色ないタイムを記録し、2番手でテストを終えた。
 メルセデスは単に実力を出すことを控え、本当のペースを見せていないだけだとビノットは感じている。また2週間後にメルボルンでF1が開幕した際には、まったく異なる展開になるだろうと予想する。

「メルセデスは非常に強いと信じている。彼らはオーストラリアで極めて強力になるだろう。彼らが我々に遅れを取るとは思わない」とビノットは語った。

「(たとえ彼らが我々に遅れをとっても)差は非常に小さいものだろう」

「今、我々が彼らより速いと考えるのは完全に間違っている。ここでは異なる燃料積載量で走行しているし、異なるプログラムを行なっているのだ」

「我々は今もマシンについて学ぼうとしている。パフォーマンスの限界と信頼性について理解しようとしているのだ」と、ビノットは締めくくった。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します