現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > レッドブル首脳「新車RB15は成功作」と自信。ホンダの“パーティーモード”にも大きな期待

ここから本文です
スポーツ 2019.2.15

レッドブル首脳「新車RB15は成功作」と自信。ホンダの“パーティーモード”にも大きな期待

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 レッドブル・レーシングがホンダのパワーユニット(PU/エンジン)を搭載した初のマシンRB15のシェイクダウンを完了、モータースポーツコンサルタント、ヘルムート・マルコがポジティブな発言を行った。

 13日、レッドブルはPR目的のフィルミングデーとして、イギリス・シルバーストンでRB15・ホンダのシェイクダウンを行い、マックス・フェルスタッペンが限定カラーのマシンに乗り、38周を走行した。

    【津川哲夫の2019私的新車チェック:レッドブル】ホンダPU次第では……と期待させるトータルエアロバランスに優れたマシン

 フェルスタッペンは、一日を通して全くトラブルがなく、マシンの感触はよかったと、ポジティブな第一印象を示した。マルコも同様にシェイクダウンで好感触を得たと語っている。

「成功作だと確信している。(チーフテクニカルオフィサーのエイドリアン・ニューウェイによる)典型的なニューウェイカーだが、すべてホンダを考慮して作られたものだ。マシンはシェイクダウンの最初から完璧に走った」とマルコはAuto Bildに対してコメントした。

「(ファクトリーの)ミルトン・キーンズの雰囲気はとてもいい。楽観的な空気にあふれているのだ。ホンダエンジンは昨シーズン(2018年)終盤の時点でパワーの面でルノーを超えていた。そしてこの冬の間に彼らはさらに改善を図った」

「我々が得たデータは非常にポジティブなものだ。パワーに関して言うと、我々は初めて“パーティーモード”(注:予選用のよりパワフルなセッティング)を使えるようになる。それによって上位グループで戦えることを願う」

 一方、フェルスタッペンは慎重な発言も行っている。
「士気が高まっていて、いい雰囲気だ。でも何事にも時間は必要だ。最初のレースからすべて完璧にやるのは難しいだろう」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します