現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F1の新安全基準ヘルメット、一部が公認間に合わず。旧型でテスト参加のドライバーも?

ここから本文です
スポーツ 2019.2.13

F1の新安全基準ヘルメット、一部が公認間に合わず。旧型でテスト参加のドライバーも?

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 F1はドライバーの頭部保護をさらに高めるため、2019年から新しいヘルメット規格を導入したが、メーカーによってはオフシーズンテストに新ヘルメットが間に合わない事態になりそうだ。

 バイザー開口部が10mm狭まるほか、耐クラッシュ性能、耐貫通性能が高められた新しい8860-2018規格の研究開発段階には、現在F1ドライバーにヘルメットを供給している4社のサプライヤー全てが携わっていた。

    ■トロロッソの新車STR14を、昨年型STR13とクリック&スライド画像で徹底比較

 しかしアライは、FIAの性能試験の一部に合格したに留まり、まだ公認が下りていないようだ。

 motorsport.comの調べによれば、新しい安全基準を満たしていることを確認するため、製品試験および評価が必要となることから、オフシーズンテストには公認が間に合わないようだ。

 アライは今シーズン、セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)とダニエル・リカルド(ルノー)、そしてレッドブルのマックス・フェルスタッペンとピエール・ガスリーにヘルメットを供給する予定だ。

 同社は、3月17日に決勝が行われる開幕戦オーストラリアGPでのレースまでに間に合うように公認が行われると期待しており、「まだ正式に公認されていませんが、社内テストによって製品の品質は保証されています」とのコメントも出されている。

 また、他のサプライヤーもオフシーズンテストに新ヘルメットが間に合わないかもしれない。

 昨年夏に新規格の発表が行われた際、対応バージョンのヘルメットを合わせて披露していたスティーロのみが、全サイズの公認を得られているようだ。

 FIAの最新リストによると、4人にヘルメットを供給するシューベルトはミディアムサイズしか公認されていない。

 最多のドライバー10人にヘルメットを供給するベルは、サイズ54~56+までの公認を得られているが、ウェブサイトには最大で61+というサイズまでラインアップされている。

 公認が得られていないサイズのヘルメットを使用するドライバーには、影響がおよびそうだ。

 オフシーズンテストにおいては、チームとドライバーがFIAのF1競技規則のテスト規定に従っていればよく、その中にはヘルメットの必要条件はカバーされていない。そのため、開幕前の段階でヘルメットの安全基準はグレーゾーンとなる。

 普段使用しているヘルメットのメーカー・サイズの公認がなされていない場合、ドライバーが昨年仕様のヘルメットを使うのか、まだ公認が得られていない2019年仕様のヘルメットを使うのか、はたまた他メーカーの承認済みヘルメットを使うのかは不明だ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Scott Mitchell)

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します