現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > スーパーフォーミュラ、トヨタ陣営の2019年ドライバーラインアップ発表。F2トップランナーのマルケロフがチーム・ルマンに加入

ここから本文です
スポーツ 2019.2.7

スーパーフォーミュラ、トヨタ陣営の2019年ドライバーラインアップ発表。F2トップランナーのマルケロフがチーム・ルマンに加入

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 TOYOTA GAZOO Racingは、2019年の全日本スーパーフォーミュラ選手権に参戦する6チーム11台にエンジンを供給することを発表。そのドライバーラインアップも明らかにされ、アーテム・マルケロフがTEAM LEMANSに加入することが発表された。

 ホンダ勢と比べればその動きは小さいが、それでも主要なドライバー数名がチームを移籍することとなった。

    ■レクサスが2019年GT500参戦体制を発表、坪井翔と中山雄一がステップアップ

 昨年、第4戦富士での優勝を含む4度の表彰台を獲得しランキング2位に輝いたニック・キャシディはVANTELIN TEAM TOM’Sに移籍することになり、37号車をドライブ。36号車は昨年同様に中嶋一貴が乗る。

 一方、キャシディが離脱することになった昨年チームチャンピオンのKONDO RACINGには、2016年SF王者の国本雄資が加入。チームメイトは在籍参戦3年目を迎える山下健太だ。

 久しぶりにカーナンバーが#38、#39となるJMS P.MU/CERUMO・INGINGは38号車は石浦宏明。39号車には昨年の全日本F3選手権でチャンピオンを獲得した坪井翔が加入。ルーキーイヤーでどんな走りを披露するのか、注目だ。

 TEAM LEMANSは8号車が昨年同様に大嶋和也が乗り込み、7号車には昨年までFIA F2で活躍したアーテム・マルケロフが加入。F2でも粘り強い走りで上位を獲得してきただけに、その走りに大きな注目が集まる。

 当初2台体制が噂されていたcarrozzeria Team KCMGだが、結局2019年も18号車の1台のみでエントリー。小林可夢偉がステアリングを握る。

 星野一義監督率いるTEAM IMPULは19号車に関口雄飛、20号車に平川亮と昨年と変わらない布陣で臨む。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 吉田知弘、田中健一)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します