現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > MotoGP2019年シーズン始動。セパンでスタートの公式テスト初日、王者マルケスが“最初の”トップ奪取

ここから本文です
スポーツ 2019.2.6

MotoGP2019年シーズン始動。セパンでスタートの公式テスト初日、王者マルケスが“最初の”トップ奪取

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2019年シーズンMotoGPが、2月6日、マレーシアのセパン・インターナショナル・サーキットの公式テストで幕を開けた。2019年初となるこの公式テストで、左肩の手術、リハビリ明けのマルク・マルケス(レプソル・ホンダ・チーム)がトップタイムをマーク。最高峰クラス2年目の中上貴晶(LCRホンダ・イデミツ)は7番手と好位置で終えている。

 この日走行を行ったのは、2019年のMotoGPエントリーライダーに、各メーカーのテストライダーが加わった総勢26名だ。

    MotoGP:2年目でスズキのエースとなったリンス、2018年に「達成できなかった優勝を挙げる」

 レプソル・ホンダ・チームは、脱臼しやすくなっていた左肩をオフシーズン中に手術したマルケスが予定どおりテストを実施した一方、チームメイトのホルヘ・ロレンソは、トレーニング中に左手首の舟状骨を骨折して1月21日に手術を受け、回復に努めているため今回のテストには参加していない。ロレンソの代役として、HRCテストライダーのステファン・ブラドルがエントリーしている。

 また、2018年第17戦オーストラリアGPのフリー走行で転倒を喫して右足首を骨折し、以来、手術とリハビリに取り組んでいたカル・クラッチロー(LCRホンダ・カストロール)は、このセパンテストに参加している。

 2019年、MotoGPクラスに加わったニューフェイスは、全員がMoto2クラスからのステップアップ組。2018年Moto2チャンピオンのフランセスコ・バニャイア(アルマ・プラマック・レーシング)、ジョアン・ミル(チーム・スズキ・エクスター)、ファビオ・クアルタラロ(ペトロナス・ヤマハSRT)、ミゲール・オリベイラ(レッドブルKTMテック3)の4名だ。

 テストライダーとしては、リザルトにはライダー名が反映されていないが、ヤマハのテストライダーとして、中須賀克行と野左根航汰が走行を実施。現地からの情報によれば、ヤマハ・テスト1のバイクでふたりのライダーともに走行を行ったという。

 また、アプリリアのテストライダー、ブラッドリー・スミスとスズキのテストライダーを担う津田拓也はライブタイミング上に名を連ねてはいたものの、走行を行っていない。

 テストは現地時間午前10時から午後6時にわたり、ドライコンディションのなか行われた。開始早々に好調さを見せたのは、レッドブルKTMファクトリー・レーシングから参戦3年目を迎えるポル・エスパルガロだった。セパン・インターナショナル・サーキットのサーキットレコード、2分0秒606を更新する2分0秒313をマークしてトップに立つ。しかしポル・エスパルガロはその後転倒を喫し、タイムを更新することなく、最終的に10番手でテスト初日を終えている。

 その後、走行開始約2時間半後の12時半ごろ、1分59秒880をマークして最初に2分の壁を破り、アレックス・リンス(チーム・スズキ・エクスター)がトップに立った。チーム・スズキ・エクスターから3年目を迎えるリンス。2019年シーズンはチームメイトにMotoGPクラスルーキーのジョアン・ミルが加わったことから、リンスはスズキのエースライダーを担うことになる。

 加えて、スズキは2019年からレギュレーションの優遇処置を外される。そんな状況で迎えた2019年初テスト。リンスはその後、マルケスにタイムを更新されたが、それでも2番手という好成績で走行を終えた。

 リンスのタイムを更新し、この日のテスト中盤に記録した1分59秒621で最後までトップを守り続けたのが、ディフェンディングチャンピオンのマルケスだった。左肩の影響は不明だが、マルケスは初日29周をラップするにとどめ、このトップタイムをマークしたのち3周で走行を終了している。

 2017年シーズン中盤から2018年にかけて、実に27戦もの間、勝利の女神に見放され続けたモンスターエナジー・ヤマハMotoGPのバレンティーノ・ロッシとマーベリック・ビニャーレスは、マシンカラーリングが一新したヤマハYZR-M1を走らせた。双方ともに終日トップに立つことはなかったものの、ビニャーレスは3番手、ロッシも6番手とまずまずの出だし。ビニャーレスは、この日4人のみ記録した1分59秒台のタイムをマークしている。

 ドゥカティ陣としては、2019年からファクトリーチーム入りしたダニロ・ペトルッチ(ミッション・ウィノウ・ドゥカティ)が終盤まで4番手を守っていたが、残り15分を切ったころにティト・ラバット(レアーレ・アビンティア・レーシング)が1分59秒台にタイムを縮めてみせると、4番手に浮上。ドゥカティ勢のトップで初日を終えた。一方、2018年ポイントランキング2位のアンドレア・ドヴィツィオーゾ(ミッション・ウィノウ・ドゥカティ)は8番手にとどまっている。

 そして、MotoGPクラス2年目を迎える中上貴晶。中上は2018年11月末に行われたヘレステストを、総合トップで終えている。今回のテストでは精力的に55周を走り込み、終盤の残り時間25分あたりではタイムアタックを行った模様。各セクターで自己ベストを刻みタイムを更新し、トップのマルケスから0.537秒差の7番手でテストを終えている。

 ヤマハの新サテライトチームとして登場したペトロナス・ヤマハSRTは、フランコ・モルビデリが最上位で12番手。ルーキー勢トップだったのはバニャイアで、15番手で初日を締めくくっている。

 セパン・インターナショナル・サーキットで行われるMotoGPクラス公式テストは、2月7日、8日も引き続き実施される予定だ。

 以下、MotoGPセパンオフィシャルテスト1日目タイム結果。
■MotoGPセパンオフィシャルテスト1日目タイム結果
Pos.No.RiderTeamMotorcycleTimeLaps193M.マルケスレプソル・ホンダ・チームホンダ1'59.62126/29242A.リンスチーム・スズキ・エクスタースズキ1'59.88025/61312M.ビニャーレスモンスターエナジー・ヤマハMotoGPヤマハ1'59.93728/63453T.ラバットレアーレ・アビンティア・レーシングドゥカティ1'59.98358/5959D.ペトルッチミッション・ウィノウ・ドゥカティドゥカティ2'00.0518/54646V.ロッシモンスターエナジー・ヤマハMotoGPヤマハ2'00.05422/56730中上貴晶LCRホンダ・イデミツホンダ2'00.15854/5584A.ドヴィツィオーゾミッション・ウィノウ・ドゥカティドゥカティ2'00.19717/4996S.ブラドルホンダ・テスト・チームホンダ2'00.21441/611044P.エスパルガロレッドブルKTMファクトリー・レーシングKTM2'00.3133/441143J.ミラーアルマ・プラマック・レーシングドゥカティ2'00.38326/511221F.モルビデリペトロナス・ヤマハSRTヤマハ2'00.46058/601341A.エスパルガロアプリリア・レーシング・チーム・グレシーニアプリリア2'00.60251/551435C.クラッチローLCRホンダ・カストロールホンダ2'00.68124/511563F.バニャイアアルマ・プラマック・レーシングドゥカティ2'00.69425/491688M.オリベイラレッドブルKTMテック3KTM2'00.90258/591731ヤマハ・テスト1ヤマハ・テスト・チームヤマハ2'00.96554/551820F.クラルタラロペトロナス・ヤマハSRTヤマハ2'00.98545/651966M.カリオレッドブルKTMファクトリー・レーシング・テストチームKTM2'01.0544/20205J.ザルコレッドブルKTMファクトリー・レーシングKTM2'01.12153/612129A.イアンノーネアプリリア・レーシング・チーム・グレシーニアプリリア2'01.24935/362250S.ギュントーリスズキ・テスト・チームスズキ2'01.28614/582336J.ミルチーム・スズキ・エクスタースズキ2'01.43224/552417K.アブラハムレアーレ・アビンティア・レーシングドゥカティ2'01.62725/452532ヤマハ・テスト2ヤマハ・テスト・チームヤマハ2'01.73611/452655H.シャーリンレッドブルKTMテック3KTM2'01.85348/49

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します