現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ガスリー、念願のROC出場。レッドブルとの交渉の末、参加に許可|レース・オブ・チャンピオンズ2019

ここから本文です
スポーツ 2019.1.20

ガスリー、念願のROC出場。レッドブルとの交渉の末、参加に許可|レース・オブ・チャンピオンズ2019

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 レッドブルのピエール・ガスリーは、メキシコで開催されているレース・オブ・チャンピオンズ(ROC)に出場するため、チームのマネジメント陣を丸め込まなければならなかったと明かした。

 2016年にGP2チャンピオンとなったことで、ROC出場資格を得ていたガスリー。子どもの頃から観戦してきたというイベントに、念願叶って初出場となった。

    ■レッドブル、フォーミュラEに興味なし「我々は純粋な”レース主義者”だから」

「僕は子どもの頃からROCを見てきたから、今週末ここに来れて本当に嬉しいよ」と、ガスリーはインタビューで語った。

「僕はレーサーだし、手に入れることができるマシンなら、どんな種類でもレースがしたい。だから僕がチーム・フランスでレースをするチャンスがあるのを知って、当然参加したかったんだ」

「僕は、チームのボスとROC参加を交渉しなければならなかった。最終的には、彼らは僕に参加を許可した。ROCは素晴らしい雰囲気で、本当にクールなイベントだ。いつもよりリラックスしながら、世界中の様々なシリーズのドライバーとレースができるのは素晴らしいことだ」

 ガスリーと国別対抗戦でコンビを組んだのは、2013年の世界耐久選手権チャンピオンで、日本でもお馴染みのロイック・デュバル。グループAに振り分けられたチーム・フランスだったが、セバスチャン・ベッテルとミック・シューマッハーが組んだドイツ、エステバン・グティエレスとパトリシオ・オワードのメキシコが準決勝に進出。フランスはグループ予選で敗退となった。

 様々なマシンを使って国別対抗戦、個人戦が行われるROC。レッドブルの上層部がガスリーの出場を懸念したのは、2017年のイベントに参加したパスカル・ウェーレインが大クラッシュしたことが原因かもしれない。

 ポラリスの3輪車、スリングショットでウェーレインは単独クラッシュし、2017シーズンのF1を2戦欠場している。ただ、スリングショットは今年の大会で使われる予定はないようだ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Charles Bradley)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します