現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > MotoGP:ペドロサ、検査で右鎖骨の骨折が判明。セパンテストは不参加

ここから本文です
スポーツ 2019.1.10

MotoGP:ペドロサ、検査で右鎖骨の骨折が判明。セパンテストは不参加

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2019年シーズンよりKTMのテストライダーとなったダニ・ペドロサだが、数日前に受けた精密検査の結果、右鎖骨の二重骨折が判明。2月にマレーシアで予定されていたシェイクダウンテストへの参加を見送り手術に専念することになった。

 2018年シーズンをもってロードレースから現役引退しMotoGPの殿堂入りを果たしたペドロサは、2019年はKTMのMotoGPテストライダーに就任した。

    【ペドロサ独占インタビュー】MotoGP引退を決めた理由「自分でも気づかないうちに心のなかで決断していた」

 しかし、数日前に受けた精密検査で、右鎖骨が疲労により3部分にわかれる二重骨折をしていることが判明。中央の骨は十分に血流が行き届いておらず、骨粗鬆症の恐れがあるため、適切な回復法が必要となるようだ。

 そのため、医師の助言を受け、近日中に幹細胞を利用した細胞移植治療を受けることとなった。

 ペドロサは、12月中旬にスペインのヘレス・サーキット‐アンヘル・ニエトで2日間のプライベートテストに参加。KTMのMotoGPマシンを初ライドしていたが、今回の負傷により、完治までにある程度の時間が必要とされることから、2月1日からマレーシアのセパン・インターナショナル・サーキットで開催されるシェイクダウンテストへの参加を見送ることになった。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します