現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > トロロッソF1代表、レッドブルの“モルモット役”継続に満足「タイトル獲得に役立つのなら……」

ここから本文です
スポーツ 2018.12.4

トロロッソF1代表、レッドブルの“モルモット役”継続に満足「タイトル獲得に役立つのなら……」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 トロロッソ・ホンダF1チーム代表のフランツ・トストは、トロロッソが2019年もシニアチームのレッドブルのために開発における“モルモット役”を継続することになるだろうと述べている。

 2018年にホンダとパートナーになったことからトロロッソは、来シーズンにレッドブルが同社のパワーユニットに切り替える前に、パワーユニットの開発面において、レッドブルのために道を開くことになった。

    スペイン人ライターのF1便り:レッドブルとホンダはいかにして常勝軍団に上り詰めるのか

 トロロッソの補助的役割は、同じ親会社によって設立された2チーム間の技術提携の一部であると、トストは主張している。

「それについては内部で議論する必要はない。これは我々のアプローチの一部なのだ」とトストは語った。

「開発面で我々がモルモットとなることが、レッドブルのタイトル獲得に役立つのなら、そうするだろう」

 今年、トロロッソのドライバーであるピエール・ガスリーとブレンドン・ハートレーは、数え切れないほどのグリッドペナルティを科されたが、それはすべてエンジン開発のためであり、レッドブル・レーシングの利益になるものだった。

 同じエンジンを搭載したマシンを擁することで、相互に利益のあるトロロッソとレッドブルの関係は、2019年に一層強固なものになるだろう。

「我々はこの役割に満足している。なぜなら我々の仕事の結果を見ることができるからだ。エンジン面だけでなく、他の面でもアドバンテージがある」

「我々はレッドブル・テクノロジーの末端を構成しているのだ。レギュレーションの構造から相乗効果を十分に引き出し、高いパフォーマンスの改善を期待している」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します