現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > マクラーレンCEO、バンドーンを「素晴らしい才能の持ち主」と評価し将来的なF1復帰を期待

ここから本文です
スポーツ 2018.12.1

マクラーレンCEO、バンドーンを「素晴らしい才能の持ち主」と評価し将来的なF1復帰を期待

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マクラーレンCEOのザック・ブラウンは、ストフェル・バンドーンが将来F1に復帰することを望んでいると述べ、彼にとってはチームに在籍した2年間が厳しいものだったことを認めた。

「ストフェルは素晴らしい才能の持ち主だ。彼は性能が非常に劣ったレースカーで善戦したと思う」とブラウンはReutersに語った。

    マクラーレンF1の『政治的な駆け引きとサポートの欠如』によって、不振から抜け出せなかったバンドーン

 ブラウンは2度の世界チャンピオンであるフェルナンド・アロンソにも言及し、「彼にはかなり難しいチームメイトがいた」と認めた。

「しかし我々は彼に2年間という確固とした時間を与えたし、フェルナンドと同等の装備を与えた。しかし、しばしば物事は上手くいかないものだ」

「彼はフォーミュラEで成功していけると思う。(そして)彼がF1に復帰するのを見ることができるのではと考えている」

「ストフェルは間違いなくF1で通用する力量を持つドライバーなので、確実に彼の復帰を期待できるだろう。そうなったとしても驚かないね。ドライバーが最初に少し苦労した後で、形になるというのは今に始まったことではない」

 ブラウンは、アロンソとバンドーン両名がマクラーレンを去ることを残念に思っているものの、2019年に向けてカルロス・サインツJr.とランド・ノリスと契約する決定したことについては、後悔していない。
「我々は変化を起こす必要があった。多少新鮮なスタートを切るということだ。しばらくの間持ちこたえることができる、若いラインアップに取り組みたかった」とブラウンは言う。

 バンドーンは日曜日のアブダビで、これでしばらくは最後となるF1レースを再びポイント圏外で終えたが、次に進むのを楽しみにしていると述べた。

 26歳のバンドーンは最終戦後のテストが開始された時点ですでに出国しており、2019年に向けた準備として火曜日と水曜日に行なわれたヤス・マリーナでのテスト任務は、ノリスとサインツJr.が引き継いだ。

 バンドーンの目標は来月のHWAからのフォーミュラEデビューに定められている。これと同時に、彼はメルセデスでのシミュレーター作業を担当することで、F1にも足場を確保し続ける。

「僕はメルセデスと関係を持っている。彼らのシミュレータードライバーを務めることは、僕にとっても新しい経験になる。F1ともコンタクトを取り続けるつもりだし、僕はまだこの世界に関わっていくよ」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します