現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 2019年新設の電動バイクレース、MotoEのエントリーリストが発表。ジベルナウなど18名が参戦

ここから本文です
スポーツ 2018.11.15

2019年新設の電動バイクレース、MotoEのエントリーリストが発表。ジベルナウなど18名が参戦

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 国際モーターサイクリズム連盟(FIM)は11月14日、2019年から新設される電動バイクレース『FIM Enel MotoE World Cup』(MotoE)のエントリーリストを発表。元MotoGPライダーのセテ・ジベルナウをはじめとした、12チーム18名すべての参戦ライダーが明らかになった。

 MotoEは、MotoGPのプロモーターであるドルナスポーツが2019年から新たにスタートさせる電動バイクによるチャンピオンシップ。マシンはEnergica Motor Company(エネルジカ)の電動レーサー『Energica Ego Corsa』(エゴ・コルセ)のワンメイク、タイヤサプライヤーはミシュランが務める。

    プラマックがMotoE参戦体制発表。元MotoGPライダーのデ・アンジェリスとEWC王者フックを起用

 MotoE参戦チームの12チームはMotoGPクラス、Moto2クラス、Moto3クラスに参戦中のチームである。MotoGPクラスに参戦するLCRチームやアルマ・プラマック・レーシングなどは各2名のライダー、Moto2、Moto3クラス参戦チームは各1名のライダーを起用する。

 ライダーラインアップは元MotoGPライダーのセテ・ジベルナウや現MotoGPライダーのブラッドリー・スミス、チャビエル・シメオン、また、ランディ・ド・プニエや世界選手権(EWC)タイトルホルダーのジョシュ・フックから若手ライダーまで、幅広い。また、女性ライダーであるマリア・エレーラが参戦を表明している。

 先日11月12日に参戦体制を発表したMotoGPにモンスター・ヤマハ・テック3として参戦するテック3は、テック3・Eレーシングとして参戦。EWCで活躍する34歳のフランス人ライダー、ケニー・フォーレイと、今季はFIM CEVレプソルインターナショナル選手権(CEV)Moto2クラスに参戦する20歳のスペイン人ライダー、エクトル・ガルソの布陣を敷く。

 また、今回明らかとなった参戦ライダーは4チーム3ライダー。未発表だったトレンティーノ・グレシーニMotoEの1シートには、ロレンツォ・サバドーリが収まった。サバドーリは25歳のイタリア人ライダー。今季はアプリリアのRSV4 RFを駆り、ミルウォーキー・アプリリアからスーパーバイク世界選手権(SBK)に参戦した。

 エストレージャ・ガルシア・0,0・マーク・VDSは、30歳フランス人ライダー、マイク・ディ・メリオを起用する。ディ・メリオは2015年までMotoGPに参戦。2018/2019シーズンEWCにF.C.C. TSR Honda Franceから参戦中であり、EWCにおいては、アルマ・プラマック・レーシングからMotoEに参戦するジョシュ・フックのチームメイトでもある。ディ・メリオもフック同様、EWCとのダブルエントリーになると見られる。

 アジョ・モータースポーツMotoEとSIC58・スクアドラ・コルセは若手ライダーを起用。アジョ・モータースポーツMotoEから参戦するニキ・トゥーリは23歳のフィンランド人ライダー。今季はMoto2に参戦した。また、SIC58・スクアドラ・コルセから参戦するのはマッテオ・カサデイ。19歳のイタリア人ライダーで、CEVやレッドブル・ルーキーズ・カップ参戦を経て、今季はイタリアの選手権に参戦した。

 以下、2019年FIM Enel MotoE World Cupのエントリーリストである。

■2019年FIM Enel MotoE World Cup エントリーリスト(2018年11月14日時点)
No.RiderTeamNationalityage16ジョシュ・フックアルマ・プラマック・レーシングオーストラリア255アレックス・デ・アンジェリスアルマ・プラマック・レーシングサンマリノ346マリア・エレーラアンヘル・ニエト・チームスペイン2218ニコラス・テロルアンヘル・ニエト・チームスペイン3019チャビエル・シメオンアビンティア・エスポンソラーマ・レーシングベルギー2951エリック・グラナドアビンティア・エスポンソラーマ・レーシングブラジル2214ランディ・ド・プニエLCR Eチームフランス3759ニッコロ・カネパLCR Eチームイタリア304エクトル・ガルソテック3・Eレーシングスペイン2078ケニー・フォーレイテック3・Eレーシングフランス3411マッテオ・フェラーリトレンティーノ・グレシーニMotoEイタリア2132ロレンツォ・サバドーリトレンティーノ・グレシーニMotoEイタリア252イェスコ・ラフィンダイナボルト・インタクトGPスイス2266ニキ・トゥーリアジョ・モータースポーツMotoEフィンランド2363マイク・ディ・メリオエストレージャ・ガルシア・0,0・マーク・VDSフランス3038ブラッドリー・スミスワン・エナジー・レーシングイギリス2815セテ・ジベルナウポンス・レーシングスペイン4527マッテオ・カサデイSIC58・スクアドラ・コルセイタリア19
※年齢は2018年11月14日時点のもの

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • ken*****|2018/11/15 17:01

    違反報告

    バイク乗りとしては微妙。
    車の電動化と同じく、つまらない乗り物にならなければいいが。

    メーカーの実験場としての役割も持つレースの世界。
    単純に勝負だけではなく、各種技術、制御が進化して、市販車にフィードバックされることを期待します。

    アニメ「アキラ」の世界が現実になりつつあるのかもしれませんが。
    オイルの匂い、ガソリン、排気ガスの匂い、エンジンがもつメカニカルな音、振動、熱。
    私が生きている内は、なくならないことを信じて。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します