現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 88号車ランボルギーニ、コースレコード更新で今季2度目のポール獲得|スーパーGT最終戦もてぎGT300予選

ここから本文です
スポーツ 2018.11.10

88号車ランボルギーニ、コースレコード更新で今季2度目のポール獲得|スーパーGT最終戦もてぎGT300予選

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ツインリンクもてぎで行われている2018スーパーGT最終戦。GT300クラスの公式予選は#88 マネパ ランボルギーニ GT3(平峰一貴/マルコ・マッペリ)がコースレコードを塗り替える速さで今季2回目のポールポジションを獲得した。


 午前中の公式練習では強い日差しが照りつけていたが、予選開始前になって曇り空となり、気温22度、路面温度26度の中でGT300クラスのQ1が始まった。

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

 グリーンシグナルとともに各車が一斉にコースイン。路面温度が下がったこともあってか、入念にタイヤを温めていった。


 まず好タイムを記録したのが#11 GAINER TANAX GT-R(安田裕信)。コースレコードに迫る1分46秒553でトップタイムをマークした。ここに#55 ARTA BMW M6 GT3(高木真一)が2番手、#0 グッドスマイル 初音ミク AMG(谷口信輝)が3番手に続き、チャンピオン争いに絡むマシンが上位につけた。

 その一方で、#31 TOYOTA PRIUS apr GT(嵯峨宏紀)はタイムが伸びず、14番手タイム。Q2へは当落線上は非常に僅差の戦いとなったが、0.007秒差でなんとかQ1突破を果たした。その他、チャンピオンの可能性を残している#96 K-tunes RC F GT3は10番手、#65 LEON CVSTOS AMGは11番手でそれぞれQ2に進出した。

 ポールポジションが決まるQ2も残り5分を切ってから各車がアタックを開始する一発勝負となった。その中で速さをみせたのが#88 マネパ ランボルギーニ GT3の平峰一貴。1分46秒424でいち早くトップタイムを記録すると、翌周にはコースレコードを更新する1分45秒911を叩き出した。

 これに#0 グッドスマイル初音ミクAMG(片岡龍也)が1分46秒181を記録し2番手に食い込むが、平峰の驚異的なタイムを上回るマシンは現れなかった。このままセッションが終了するかと思われたが、#65 LEON CVSTOS AMG(蒲生尚弥)が1分46秒008で2番手タイムをマーク。トップ逆転とはならなかったものの、チャンピオン獲得に向けて好位置を獲得した。

 ここでチェッカーフラッグとなり、88号車の平峰とマペッリが開幕戦以来となるポールポジションを獲得した。2番手には#65 LEON CVSTOS AMG、3番手には#0 グッドスマイル 初音ミク AMGが続いた。

 Q1では好タイムを記録していたポイントリーダーの#55 ARTA BMW M6 GT3は、ショーン・ウォーキンショーがQ2を担当。しかし10番手となり、チャンピオン獲得を考えると苦しい位置になった。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 吉田知弘)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します