現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > バーレーンで開催のFIA GTネイションズカップ。日本を含む10カ国が加わり参加車は計15台に

ここから本文です
スポーツ 2018.11.7

バーレーンで開催のFIA GTネイションズカップ。日本を含む10カ国が加わり参加車は計15台に

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 SROモータースポーツ・グループは11月30日~12月1日、バーレーン・インターナショナル・サーキットで開催される『FIA GTネイションズカップ』に出場することを表明した5カ国に加えて、新たに10カ国の代表を明らかにした。

 ヨーロッパを皮切りにアジア、北米に進出した人気GT3レース、ブランパンGTシリーズを運営するSROモータースポーツ・グループとバーレーン・モータースポーツ連盟(BMF)が共同で開催するFIA GTネイションカップは、若手ドライバーやジェントルマンドライバーを対象とした国別対抗のGT3レースだ。

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

 今年初開催となる同大会ではアマチュアドライバーに分類されるシルバークラスとブロンズクラスのドライバーがふたりひと組でタッグ組み、自国の代表としてレースに挑む。各国の代表として参戦できるのは1台のみだが、使用するGT3カーの生産国や参戦チームの国籍に制限はなく、1チームから複数の国を代表するマシンがエントリーすることができる。

 10月中旬に先行発表されたエントリーではオーストラリア、フランス、ドイツ、ロシア、タイの5カ国の体制が明らかにされていたが、開催が約3週間後に迫った今回、これに10カ国が新たに加わっている。

 この中には日本代表も含まれており、フェラーリチャレンジ・トロフェオ・アジア・パシフックなどに参戦するKen Seto、近藤保の2名がAFコルセのフェラーリ488 GT3で同レースに出場することが確認された。またブランパンGTシリーズ・アジアや2018年に初開催された鈴鹿10時間耐久に参戦したKCMGは香港代表としてニッサンGT-RニスモGT3を走らせる予定だ。

 この他、各国のエントリーについては下記リストをチェックしてほしい。

■FIA GTネイションズカップ2018 暫定エントリーリスト
*NationTeamCarDriver1オーストラリアヘルベルス・モータースポーツポルシェ911 GT3 RS.グローベB.グローベ2フランスAKKA ASPチームメルセデスAMG GT3J-L.ボーベリクJ.プラ3ドイツリナルディ・レーシングフェラーリ488 GT3A.マットスールN.バスティアン4ロシアケッセル・レーシングTP12フェラーリ488 GT3R.サリコフD.ブラトフ5タイケッセル・レーシングTP12フェラーリ488 GT3P.ビョロムパクディP.ラソーラス6ベルギーベルジャン・アウディクラブ・チームWRTアウディR8 LMSM.デン・タントC.ウィルツ7イタリアAFコルセフェラーリ488 GT3P.ペラツィーニM.クレッソーニ8日本AFコルセフェラーリ488 GT3Ken Seto近藤保9スウェーデンガレージ59マクラーレン650S GT3A.ウエストV.ブーベン10ベラルーシATレーシングフェラーリ488 GT3A.トーカニツァSr.A.トーカニツァJr.11デンマークフォーミュラ・レーシングフェラーリ488 GT3J.ラオセンN.ニールセン12トルコラム・レーシングメルセデスAMG GT3S.ヨルックA.グーベン13イギリスAFコルセフェラーリ488 GT3C.バンコムC.フロガット14香港KCMGニッサンGT-RニスモGT3S.C.クリス・クワンC.W.アンディ・イワン15中国ヘルベルス・モータースポーツポルシェ911 GT3 RL.チャオY.ホンリ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します