現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 「2019年F1新規則がオーバーテイク促進をもたらす」とFIAが自信

ここから本文です
スポーツ 2018.11.6

「2019年F1新規則がオーバーテイク促進をもたらす」とFIAが自信

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 FIAのシングルシーター部門の技術責任者を務めるニコラス・トンバジスは、2019年の新しい技術規則により、F1マシンが前のマシンに接近しづらい状況がある程度改善され、オーバーテイク促進につながると主張した。

 現在のF1マシンでは、コース上のオーバーテイクが極めて難しいとして、ドライバーたちは対策を求めている。前のマシンに近づくと乱気流の影響を受け、DRSの力を借りても追い抜きが困難だ。これはウイングによるタービュランスが後ろを走るマシンのダウンフォースを低下させるためであるとして、この問題にFIAは対応しようとしている。

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

 タービュランスを減らし、オーバーテイクしやすいマシンにするため、2019年には新たな空力規則が導入され、フロントとリヤウイング、フロントブレーキダクトがシンプルな形状になり、DRSがよりパワフルになるようフラップが大きくなる。

「現在のF1ではチームがダウンフォースを向上させようとする傾向にあり、それが問題を悪化させる」とトンバジスはFIAのAuto誌において語っている。

「我々が何もしなかったら、2019年には2018年より悪くなるだろうし、2020年には2019年より悪くなるだろう」

「だが、(規則変更により)2019年には2018年よりよくなるはずだ。ただ、F1マシンがツーリングカーのようにバトルをするようになると考えている者はいないだろうが」

 トンバジスは、重要なのはマシン同士の距離が15~20メートルの時の状態であると言う。

「中速コーナーに近づくなか、0.5秒差なら、それぐらいの距離になる。今のマシンだと、後ろを走るマシンはこの状況で30パーセントのダウンフォースを失う。それを10パーセント減らしたい」

 これによる効果が大きいかどうか、疑問視するチームがある一方で、ポジティブな反応もある。ウイリアムズのチーフテクニカルオフィサー、パディ・ロウはそのひとりだ。

「私は2017年の規則は好きではなかった。オーバーテイクの面で後退だと思ったのだ」とロウは言う。

「現在FIAとFOMが行動を起こし、2019年と2020年に向けて、何か違うことをしようとしているのは正しいことだ。今、何もしなかったら、今後数年にわたって状況が悪化し続けていくだろう」

「(来年に向けた)技術的変更が我々を正しい方向に戻してくれると、強く確信している」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します