現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > グロージャンのイタリアGP失格は覆らず。控訴審でもハースF1のマシンは違法との結論

ここから本文です
スポーツ 2018.11.2

グロージャンのイタリアGP失格は覆らず。控訴審でもハースF1のマシンは違法との結論

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 F1イタリアGPでのロマン・グロージャン失格裁定について、ハースが控訴したが、これについてFIA国際控訴裁判所において審問が行われた結果、グロージャン失格の裁定を維持するとの判決が下された。

 イタリアGP決勝をグロージャンは6位で終えたが、その後、ルノーF1チームがハースVF-18のフロアに規定違反がある可能性を訴えた。FIAテクニカルデレゲートは、ハースが2018年F1技術規則第3条7.1d(「車両の真下から見た時に前部の各角上に半径50mm(+-2mm)の丸みがなければならない」との規定)にハースが違反しているとのルノーの主張について調べた結果、規則違反であるとの見解を示し、それを基にスチュワードはグロージャンの失格を決めた。

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

 これに不満を持ったハースが控訴。11月1日にFIA国際控訴裁判所において審問が行われ、翌2日、FIAは判決を発表した。

 これにより、裁判所は、イタリアGPのスチュワードの決定を維持し、グロージャン失格を認めるとの結論を出したことが明らかになった。

 詳細な理由等については、後日発表を行うということだ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します