現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > アロンソ、“めったに起こらない不運な事故”に遭遇「リタイアは悲しいけど、残り2戦に向けて気持ちを切り替える」:F1メキシコGP日曜

ここから本文です
スポーツ 2018.10.29

アロンソ、“めったに起こらない不運な事故”に遭遇「リタイアは悲しいけど、残り2戦に向けて気持ちを切り替える」:F1メキシコGP日曜

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2018年F1メキシコGP決勝で、マクラーレンのフェルナンド・アロンソはマシンの問題により3周でリタイアしなければならなくなった。

 スタート直後、アロンソの前を走るエステバン・オコンとカルロス・サインツJr.が接触、オコンのフロントウイングのパーツが飛び、それがアロンソ車のサイドポッドに引っ掛かった。

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

 その後、水圧の低下が見られたため、チームはアロンソにマシンをとめるよう指示した。

 チームは「リタイア原因は漏れによる水圧低下だ。それがデブリを踏んだことにより引き起こされた可能性があり、詳細をこれから調査する。いずれにしても、大きなデブリがマシンに刺さっていたため、レースを続行するのは難しかった」と説明している。

■マクラーレンF1チーム
フェルナンド・アロンソ 決勝リタイア
 マシンの不調は特に感じなかったけれど、オコンのマシンから飛んだデブリが僕のマシンに当たり、その場所がよくなかったようだ。百万にひとつの、めったに起きない出来事だ。

 レースで走りたかったから悲しい。それでも、数時間たてば、いい思い出しか残っていないと思う。メキシコの大勢のファンから応援してもらえて、とても感動的な時間を過ごしたからね。

 今日はついてなかった。でも自分のミスでこうなったわけじゃないから、そのうち忘れられる。自分がミスをした場合は、乗り越えるのに時間がかかるけどね。こういうアクシデントは時には起こるものだ。残り2戦には運に恵まれて、チェッカーフラッグを受けられるといいね。期待していよう。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します