現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ホンダF1田辺TD、メキシコGPへの意気込み語る「標高が高いサーキットでPUへの負担が大きい。適切な調整を行っていいレースをしたい」

ここから本文です
スポーツ 2018.10.24

ホンダF1田辺TD、メキシコGPへの意気込み語る「標高が高いサーキットでPUへの負担が大きい。適切な調整を行っていいレースをしたい」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2018年F1第19戦メキシコGPに向け、ホンダF1テクニカルディレクターの田辺豊治氏が、アウトドローモ・エルマノス・ロドリゲスはパワーユニット(PU)/エンジンにとって難しいサーキットであり、最適な調整を行って臨まなければならないと語った。

 メキシコシティは標高が高いため、空気が薄く、マシンもドライバーも大きな負担のなか、戦わなければならない。パワーユニットに関しても他とは異なる対応が必要であり、カレンダー中、最長クラスのロングストレートも備えたコースであるため、MGU-Hの働きも重要になる。

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

「最終的に2ポイントを獲得できたアメリカGPを終え、チームはそこから直接メキシコシティに入りました。今回レースが開催されるエルマノス・ロドリゲス・サーキットは、標高2200m超の環境により空気が薄くなるため、PU、シャシーともにエンジニアにとっては特殊な対応が必要なサーキットです」と田辺テクニカルディレクター。

「PUとしては空気密度が低いために、ターボの仕事量が増えることにより負担がかかります。そのためICEやMGU-Hに対しても通常とは異なる設定が必要です。また冷却も難しい環境になります。当然ベンチ上でこのような環境へのシミュレーションは行っていますが、現地を実際に走った上での調整が重要になってきます」

「私個人としては、1992年以来のメキシコでのレースになりますが、当時もファンが情熱的だったことをよく覚えています。今年もホンダ・メキシコから多くの同僚が応援に来てくれますので、彼らの声援に応える意味でもいいレースをしたいと思います」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します