現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 1周目接触グロージャンに次戦3グリッド降格とペナルティポイント1の処分。出場停止の危機近付く|F1アメリカGP

ここから本文です
スポーツ 2018.10.22

1周目接触グロージャンに次戦3グリッド降格とペナルティポイント1の処分。出場停止の危機近付く|F1アメリカGP

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ハースのロマン・グロージャンは、F1アメリカGPでのシャルル・ルクレール(ザウバー)との接触の責任を問われ、次戦メキシコGPでの3グリッド降格ペナルティを科せられることとなった。また併せてペナルティポイント1が科されることとなった。

 アメリカGPの1周目、グロージャンはバックストレートエンドのブレーキングでタイヤをロックさせてしまい止まりきれず、ルクレールのマシンに追突してしまった。追突されたルクレールはスピンすることとなった。

    999台限定、アウディR8の2WDモデル「RWS」はクワトロと別モノ

 グロージャンはこの事故のダメージによりリタイア。そしてレース後に審議が行われ、次戦のグリッド降格ペナルティと、ドライバー・ペナルティ・ポイント1が科されることになった。

 グロージャンは今回のペナルティポイント加算により、直近12カ月でのペナルティポイントは合計10となった。つまり、次戦メキシコGPでペナルティポイント2を獲得してしまうと、出場停止処分を受けることとなる。ただ、メキシコGPを切り抜ければ、月曜日にはペナルティポイント1が消滅することになっている。

 グロージャンは1周目のバックストレートで、ルクレールとサイド・バイ・サイドの状態となった。しかしグロージャンの前にはフォースインディアのマシンがいたため、グロージャンは早めに減速を行った。にもかかわらずルクレールと接触することになってしまった。

 スチュワードはこの状況を考慮して、ペナルティポイント1のみの付与にしたと説明している。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Scott Mitchell)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します