現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > トロロッソ代表「最後列スタートでありながら2点加算という好結果に。ハートレーはいいレースをした」:F1アメリカGP日曜

ここから本文です
スポーツ 2018.10.22

トロロッソ代表「最後列スタートでありながら2点加算という好結果に。ハートレーはいいレースをした」:F1アメリカGP日曜

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2018年F1アメリカGP決勝で、レッドブル・トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーは14位、ブレンドン・ハートレーは11位でフィニッシュした。しかしエステバン・オコンとケビン・マグヌッセンが技術規定違反で失格になったため、ガスリーは12位、ハートレーは9位に繰り上がり、ハートレーは2ポイントを獲得した。

 ガスリーはパワーユニットを交換したため19番グリッド、ハートレーはパワーユニットとギヤボックスを交換して20番グリッドと、2台ともペナルティを受けて最後列からスタート。ふたりともスタートタイヤにはスーパーソフトを選んだ。

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

 1周目にいくつかアクシデントがあったこともあり、ハートレーは12番手までポジションを上げた。その後、56周のレースの27周目までピットストップを遅らせ、1回ストップで走り、ソフトタイヤに換えて、入賞圏一歩手前の11位でフィニッシュした。

 ガスリーは1周目に14番手に上がり、ダニエル・リカルドがストップした際のバーチャル・セーフティカー下の10周目に早々にソフトタイヤに交換。36周目にもう一度ピットに入り、ウルトラソフトを装着し、14位でチェッカーを受けた。

 トロロッソ・ホンダは今回2ポイントを獲得。合計32点でコンストラクターズ選手権8位となっている。

■レッドブル・トロロッソ・ホンダ
チーム代表フランツ・トスト
 最後列からスタートしなければならなかったことを考えれば、決勝で9位というのはいい結果だと思う。ブレンドンはいいレースをした。タイヤをセーブしつつ、(マーカス・)エリクソンを相手にポジションを守り切ったのだ。

 ピエールは1周目、すぐ前でクラッシュしていたマシンとの接触を避けるため、ターン5で直進しなければならず、運悪くフロアにダメージを負った。その結果、ダウンフォースが低下し、ブレーキング時に安定しないマシンになってしまい、前のグループに追いつくことができなかった。それでも彼は12位完走という結果を残している。

 今週末は2ポイントを獲得することができた。これから次の週末のメキシコGPに備える。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します