現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ベッテル「ウエットコンディションでは速さが足りない」:F1アメリカGP金曜

ここから本文です
スポーツ 2018.10.20

ベッテル「ウエットコンディションでは速さが足りない」:F1アメリカGP金曜

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2018年F1アメリカGPの金曜、フェラーリのセバスチャン・ベッテルはフリー走行1=5番手/2=10番手だった。ベッテルはFP1で赤旗掲示時に十分な減速をしなかったと判断され、3グリッド降格ペナルティを受けた。

■スクーデリア・フェラーリ
セバスチャン・ベッテル フリー走行1=5番手/2=10番手
 今日のようなセッションから学べることはそれほど多くはない。それは誰にとっても同じことだ。

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

 本格的にプッシュしたラップは多くはなかったが、ウエットで十分な速さがないことは明らかだ。

 3グリッド降格ペナルティについてだが、スチュワードは明確に僕の減速時間は27.7秒だったと言った。赤旗を見て、ターン9と10の間のウォールにマシンがスタックしていないかを確認し、規則に従って減速した。でも彼らは時間がかかり過ぎたと判断した。

 でも僕としてはどうしようもない。ルールは明確で、僕らもそれを承知している。だがこういう天候で起きたことだ。ウエットではどっちにしろ遅いスピードで走行しているのにね。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します