現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > MotoGP:ドヴィツィオーゾ、可能性はあるが「タイトル争いはほぼ終わったと思っている」

ここから本文です
スポーツ 2018.10.18

MotoGP:ドヴィツィオーゾ、可能性はあるが「タイトル争いはほぼ終わったと思っている」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 MotoGP第16戦日本GPを前に、ドゥカティ・チームのアンドレア・ドヴィツィオーゾとホルヘ・ロレンソが意気込みを語った。

■アンドレア・ドヴィツィオーゾ(MotoGPクラスランキング2位)
 ポイントリーダーのマルケスとの差は77ポイント。チャンピオンシップ争いではもてぎはドヴィツィオーゾにとって1回目の正念場になる。もてぎ終了時点で75ポイント以上離されれば、チャンピオンはマルケスのものとなる。

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

 もてぎのMotoGPクラスでは、2010年にMotoGPクラスで初ポールポジションを獲得し、決勝でも2位に入賞。2014年にもポールポジションを獲得し、2016年に2位入賞、昨年はマルケスとの一騎打ちを制して優勝した。2010年のMotoGPクラス参戦以降、もてぎのレースでは全戦でトップ10フィニッシュしている。

「ブリーラムを終えて、まだ数字の上では可能性があるが、タイトル争いはほぼ終わったと思っている」

「チームと共にいくつかの重要なディティールを毎レース理解することができるから、もてぎでも勝利を目指して仕事を続けて行く。もてぎは得意なコースだし、マシンもブレーキングと加速に優れているので、コースインが待ちきれない」

■ホルヘ・ロレンソ(MotoGPクラスランキング5位)
 アラゴンGP決勝スタート直後に転倒、タイGPでもフリー走行2回目で転倒し、レースを欠場することになったロレンソ。そのため、ランキングでは5位に後退してしまった。

 復帰レースとなるもてぎはロレンソが得意とするコース。もてぎのMotoGPクラスでは、参戦初年度の2008年、2012年、2013年、2015年にポールポジションを獲得。2009年、2013年、2014年とMotoGPクラスで通算3勝、通算6回表彰台に立った経験を持つ。

 今年はドゥカティとのマッチングも進み、ここまで3勝を記録しているロレンソ。マルケスとドヴィツィオーゾのチャンピオン争いに影響を及ぼすか。

「タイGPを欠場したが、タイでのトレーニングと休息の後、状態はよくなっている。マシンに乗ってどうかは金曜日のフリー走行で分かるだろう」

「もてぎはいい結果を残すことができるサーキットのひとつなので、絶対に日本でレースがしたい。足と手首のケガが問題にならないことを願っている。ここ数年のもてぎは雨が多かったので、今週末も天候が重要な要素になるだろう」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します