現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 全日本F3選手権富士:王者坪井翔が第18戦/第19戦ともにポールポジションを獲得

ここから本文です
スポーツ 2018.10.13

全日本F3選手権富士:王者坪井翔が第18戦/第19戦ともにポールポジションを獲得

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 全日本F3選手権第8大会は10月13日、第18戦/第19戦の公式予選が行われ、2018年チャンピオンの坪井翔(カローラ中京 Kuo TOM'S F317)が両戦ともにポールポジションを獲得した。

 WEC世界耐久選手権・富士6時間の併催レースとして開催されている全日本F3選手権の今季最終ラウンド。すでに今季チャンピオンは第7大会のスポーツランドSUGOで坪井翔(カローラ中京 Kuo TOM'S F317)が獲得していたが、最終ラウンドも坪井の連勝が続くのか、スポット参戦する大草りき(Planex スマカメ・F3)、太田達也(Albirex-RT)の走り等、多くの注目点があった。

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

 10月12日(金)に2回行われた専有走行では、坪井がトップタイムをマークし、笹原右京(THREEBOND)、宮田莉朋(カローラ中京 Kuo TOM'S F317)と続いた。迎えた13日11時30分からの予選では、開始7分に一度赤旗が出たが、まずは坪井が1分33秒905をマーク。宮田莉朋(カローラ中京 Kuo TOM'S F317)が1分33秒950で続き、笹原、金丸悠(B-MAX RACING F3)、阪口晴南(TODA FIGHTEX)と続いた。

 各車一度ピットに戻った後、チェッカーに向けふたたびアタックが展開されていくが、ここで笹原が1分33秒720、そして宮田莉朋(カローラ中京 Kuo TOM'S F317)が1分33秒435をマークしていくが、坪井が1分33秒309をマークしふたたびトップへ。坪井は1分33秒330というセカンドベストもマークしており、第18戦/第19戦ともポールポジションを獲得してみせた。

 2番手には両戦とも宮田が続いたが、チェッカー周に1分33秒640をマークした片山義章(YTB F318)が第18戦の3番手を獲得。第19戦では笹原が3番手を獲得している。4番手は第18戦が笹原、第19戦が片山に。両戦とも5番手は阪口、6番手は金丸となった。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します