現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 赤旗中断の原因となった黄色いバンプ、フリー走行2回目の後に全て撤去|WEC富士

ここから本文です
スポーツ 2018.10.13

赤旗中断の原因となった黄色いバンプ、フリー走行2回目の後に全て撤去|WEC富士

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 富士スピードウェイで行われている2018-19FIA世界耐久選手権(WEC)の第4戦。金曜日のフリー走行で度重なる赤旗の原因となった黄色のバンプが、セッション後に全て撤去されることになった。

 発端となったのは金曜午前に行われたフリー走行1回目。今回のWEC用に13コーナー外側に設置された黄色のバンプが破損。その補修のために約30分にわたってセッションが中断された。

    ラリー・ジャパン復活ならず。WRCの2019年開催カレンダー発表

 同様のトラブルはフリー走行2回目でもセッション序盤に2回発生。ついに13コーナーに3つ設置されていたバンプが全て撤去された。

 富士スピードウェイによると、このバンプはWEC用に今週設置したものだったとのこと。同様のものがコース中盤のADVANコーナーとダンロップコーナーにも設置され、大幅な縁石カットを防ぐために設置されていた。

 なお、フリー走行2回目が終了した後に残る2ヶ所のバンプも撤去されることになり、フリー走行3回目からは黄色いバンプがない状態でセッションが進められている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 吉田知弘)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • shi*****|2018/10/14 11:51

    違反報告

    写真で見る限りゼブラゾーンの更に外側。ショートカットのし過ぎ.撤去するのではなくもっと丈夫な物に付け替えた方がいい。出来ないなら.本番までに側溝のようなものを掘ってしまえばいい。レースはコース内でするべき。
  • bos*****|2018/10/14 12:56

    違反報告

    素人のライセンス走行でも居るけど、縁石の更に内側カットして走ってる人居るけど、どう考えてもコース外!
    本人は「インのギリギリ攻めてるぜ!」みたいだけど、本来なら走ったらダメな場所だよね?

    プロでもそんなの居るなら酷いもんですね…

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します